2016.07.24

この4つだけは覚えて!花火大会デートを快適に過ごすための便利アイテム

そろそろ各地で花火大会が開催される季節となってきました。彼氏や気になる人とふたりきりで花火大会に行くという女性もいるのではないでしょうか。

そこで今回は「花火大会に持っていくと便利なアイテム」について20代男女からのアンケート結果をもとにまとめてみました。

1.ウエットティッシュ

「手が飲み物でベタベタになったとき、彼女がウエットティッシュを出してくれたことがあった。すごく便利だし、彼女の気遣いにちょっと感動しました(笑)」(20歳男性/大学生)

ハンカチやタオル、ティッシュを持っていくことはもちろんですが、意外と便利なのがウエットティッシュ。水道が混雑していて使えないときでも、これならササッと手を拭くことができます。

除菌効果があるものも多いので、食事前には手を洗う代わりに使うことができますよね。多めに持っていって損はないはずですよ!

2.細かいお金

「屋台で食べ物を買うときに、俺が『あと100円足んないや…』と言ったら、彼女がすぐに小銭を出してくれた。こういうときに細かいお金を持っていてくれるとありがたいよね。」(24歳男性/営業)

「花火大会が開催される駅周辺では、コンビニもものすごく混雑するんです。
なのであらかじめ細かいお金を用意してくれたり、電子マネーなどにチャージをしてくれていると、こちら側としてもすごく助かりますね。」(21歳男性/コンビニ店員)

花火大会でもけっこう屋台って出ていますよね。そんなときに細かいお金を持っていると、手際よく支払いを済ませることができるでしょう。

逆に一万円など大きいお金しか持っていないと、おつりを出す側も一苦労なんだそう。花火大会などで混雑が予想される場合には、前もって細かいお金に両替しておくのが良さそうです。

3.レジャーシート

「前に気になる男性と花火大会に行ったことがあったんだけど、良い場所がなくて汚れた地面に座って見ることに…。『レジャーシートを持っていけばよかったなぁ…』って心の底から思いました。」(23歳女性/販売)

汚れた地面や濡れた芝生に座るのはやはり抵抗があるもの。ちょっとかさばるかもしれませんが、レジャーシートは持参するようにしましょう。そのほうが服が汚れるなどのよけいな心配もせずに済むので、ふたりだけの空間で花火を楽しめるはずですよ。

4.雨具

「何の問題もなく彼と花火大会を満喫したのですが、帰りに急な雨に降られてしまった。結局服だけでなく、バッグの中身までビチョビチョになってしまいました…。」(21歳女性/大学生)

「花火大会は楽しかったのに、最後に雨に打たれて風邪をひいてしまった…」なんてことになったら、せっかくの思い出も台無しになってしまいますよね。急な雨が降りやすいこの季節だからこそ、折りたたみ傘などの雨具をバッグの中に入れておくようにしましょう。

おわりに

これくらいの荷物なら、なんとかバッグに入りそうですよね。
花火大会をより一層楽しく、快適に過ごすためにもこれらのグッズは最低限持っていくようにしましょうね!(和/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事