2016.08.03

夏バテかも…。そんなときでも食べられる「あっさり美肌食材」って?

暑いと食欲がなくなりがち。とはいえ、飲み物や氷ばかりで何も食べなかったら肌がどんどん衰えていきます。「痩せたかもー」なんて喜びたい気持ちもありつつ、食べないで痩せても肌はシワシワになっちゃうし・・・それじゃあ美しくないですよね。食欲がなくても美肌でいたい。そんなとき何を食べれば有効的なのか、ちょっと気になりませんか?

今回はスキンケアカウンセラーでネイリストの筆者が「食欲ないならせめてこれを食べておいてほしい」という美肌食材をお伝えします。

◇夏の最強果物といえばこれ

夏の便利フルーツといえば絶対無視できないのが「すいか」。B-カロチンが豊富で美肌作用はもちろんのこと、100g食べても40Kcalという驚異のダイエット食材でもあります。利尿効果もある「シトルリン」も豊富なのでむくみ防止にも最適ですし、コスメのCMでも耳にする「システイン」が含まれている果物といえばすいかです。食べるだけでシミ予防できちゃうってわけですね。

◇バカにできないレタス

レストランでオーダーしたサラダがレタスばっかりだと、なんか損した気分になりませんか?筆者だけですかね?でも、実はレタスって美肌栄養たっぷり野菜なのです。火を通すと栄養価が失われがちなので、生が一番!レタスはその90%が水分なので、熱くなった身体を冷やしてくれる効果もありつつ、利尿作用のあるカリウムも豊富。冷たい飲み物をとり過ぎた身体のむくみを予防してくれます。夏の紫外線対策にぴったりのビタミンCだって豊富です。レタスくらいならあっさりと食べられますよね。レモンをたっぷり絞ったり、食欲増進にガーリックで溶かしたバターをかけたりするだけでもおいしいですよ。

◇脂肪をやわらかく分解してくれるのです

食欲がない「やつれ痩せ」はいや。と思いつつも「でも痩せたい」。女子の思いはフクザツです。そんな願いを叶えてくれそうなくだものといえば「キウイ」。キウイって肉のたんぱく質を分解してお肉を柔らかくしてくれるのです。これは、人間のお肉でももちろん同じ効果が。脂肪を分解しつつビタミンCたっぷり。なんと1日分のビタミンCの必要量が、キウイ1個でほぼ完璧という。ちょっと驚きですよね。キウイを食べると感じる酸っぱさは、リンゴ酸やクエン酸が含まれているから。そう「疲労回復」にも役立つわけです。

◇おわりに

案外、あっさり系の食べものでも美肌効果が豊富なものって多いのです。お腹がすかないからってアメ舐めておわり・・・なんてもったいない!上手にあっさり食材を取り入れて「キレイに痩せたね」を目指すようにしたいですね。(川上あいこ/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事