2016.08.11

【夢占い】吉凶を占う!重みを感じる夢4つ

「・・・誰かにしつこく追いかけられています。追跡者は大男とその子分たちのようでした。迷路のような廊下を走りまわって、倉庫に追いつめられると、その奥には白い大蛇がとぐろを巻いています。大蛇がじりじりと迫ってきます。後ろでは『あの女を逃がすな!』と言う男たちの怒鳴り声が聞こえてきます。息を殺してじっとしていると、蛇はゆっくりと私の体に巻きついてきて、まるで大型トラックのタイヤのようでした。蛇の重さとひんやりとした感触に耐えきれず、思わず声を上げそうになって目が覚めました。」

これは30代女性会社員の夢の実例です。残業が重なっていた時期に見た夢だそうです。
重量を感じる夢のほとんどは、生活サイクルの乱れを反映します。さらに蛇のイメージから、ストレスや疲労のピークに達していたことがわかります。白蛇だからと言って、決して縁起物ではありません。

では重みを感じる夢のいくつかをご紹介しましょう。

布団が重い夢

布団が重く感じる夢は、実際の就寝状態の不具合を反映します。布団は呼吸器系・心肺機能に負担が生じている状態をあらわし、布団が濡れている、草が生えているなどのイメージをともなう夢なら、疲労の蓄積を反映し、重い疾患の予兆になることもありますので、注意をはらってください。

何か・誰かがのしかかってくる夢

「・・・眠っている私のお腹の上に何かが乗っかってきました。よく見ると、座布団くらいの緑色の大きなカエルが私のお腹の上にじっとうずくまっています。ぷるぷるしたこんにゃくみたいな感触で、すごく気持ち悪く、おまけに鉛のように重くて、思わず叫び声を上げたところで目が覚めました。いつの間にかパジャマがはだけて、おへそが露わになっていました。」

これは30代女性会社員の夢の実例です。イメージの通り、この夢はお腹が冷えていた状態を反映します。ただ、不快感をともなうこの夢は何らかの身体の負荷をあらわし、単にお腹が冷えていたということではありません。早く目覚めようと叫び声を上げた時点で、これは下半身に何らかの疾患の種を持っていると判断したほうがよさそうです。実際彼女は、この夢を見たあと便秘が長く続いたそうですが、医療機関で改めて検査を受けたほうがいいかもしれません。基本的に何か・誰かがのしかかってくる夢は、睡眠不足や生活リズムの乱れなどから眠りが極端に浅い状態や、心身の違和感を反映します。時に心の乱れや何らかのトラウマをあらわすこともあります。

何か・誰かが落ちてくる夢

重く大きな何か・誰かが落ちてくる夢は、基本的に何らかの緊張感・緊張状態の持続から生じるストレスや心身の違和感を反映します。また、何かが大量に落ちてくる夢を見た直後、大震災を経験したという実例もあるので、このような夢を見たら身の回りの安全には細心の注意をはらってください。

体が重い、重い物の夢

体が重くなる夢、または重いものを目撃するイメージは、タイトなスケジュールや環境変化に無理をしている厳しい状況を反映します。これはその時の緊張の軽減、身体的な負担を和らげようとしてみるものです。

夢の重量は急激な変化への不適応

巨大モンスターや巨人の来襲、重量物が落ちてくる夢など、重さを感じる夢の多くは、気候または周囲の環境が激しく変化するたび、それに振り回されている状態、またはプレッシャーのかかるタイトな状況を反映します。10~20代初めに見ることが多いのですが、これは急激な成長と共に心身に大きな負荷がかかっている状態をあらわします。
一方、30代の中年以降にもこのようなイメージの夢を見ることがありますが、その場合は成長や代謝が急激に低下する年齢になって、やはり身体の負荷・負担が大きく増えることをあらわします。年齢が上がってからみる重さのある夢は、自分の体のコントロール、自律的な働きが鈍っていることをあらわすので、適度に運動をして、心肺能力や体力維持、筋力アップを心がけてください。(梶原まさゆめ/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事