2016.08.22

待つことができないとしょぼい恋にしかならない

どなたがおっしゃったのか、すでに覚えていませんが、若いというのは、坂道を下りながら自転車のペダルを全力で漕いでいるようなものだ、と言った人がいます。この項をお読みになっている若い人は、なんとなく納得できるのではないかと思います。
今回は、恋愛と「待つ」ということについて、一緒に見ていこうと思います。

■恋愛上手な人の特徴

待つことができないと、しょぼい恋にしかならないというのは、時間にしか解決できないことがあるからです。

たとえば、片思いの彼が振り向いてくれないケース……この『ハウコレ』には、どうやったら彼が振り向いてくれるのか、そのハウツーがたくさん掲載されています。
恋のテクニックが効くか効かないか、というのは、あくまでもケースバイケースですが、掲載されているどれも、一度はやってみる価値があるものだろうと思います。

でも、それでも彼が振り向いてくれない場合……これはもう、誰がなんと言おうと待つしかないわけです。

待たないで、「ああ、彼が振り向いてくれなかった」と、性急に結論を出して、嘆き悲しむのはその人の自由ですが、待つことによって、彼の気持ちや周囲の状況ががらりと変わることだってあります。
恋愛上手な人は、待つことができるので、恋愛が「上手そうに」見えるのです。

■上手に待つ

若いときって、前に進む強いパワーを自分でコントロールする術をまだ持っていないこともあって、どうしても待つことが苦手だろうと思います。でも、時間にしか解決できない問題が、恋愛にはたくさんあるので、「上手に待つ」練習は、今のうちからしておいたほうがいいでしょう。

犬と人間をおなじに考えてもいいのかどうかわかりませんが、「ペットは家族の一員」と考えている人も多い時代なので、犬を例に挙げてみましょうか。

犬が上手に待てないとどうなるのか? たとえば餌にありつけない、たとえばお散歩に連れていってもらえない、たとえば車にひかれて死んでしまう……こういうことが起こります。
だから飼い主は、犬が小さいうちに「待て」を教え込みます。つまり「待つことを学ぶ」というのは、むずかしく言えば、高度な社会性を身につけるということです。

■あなたが待てなかったことで誰かが泣いている

人間の場合は、どうやって高度な社会性を身につけるのか?
おそらく誰かのことを傷つけながら、うまく待てるようになるのではないかと思います。

あなたの短気が原因で、交際2ヶ月にして振られた彼……彼はきっと傷ついているでしょう。あなたが彼のことを待ち切れず、ほかの男子と交際しはじめたというケースだって、彼は傷ついているはずです。「え!?おれの仕事が落ち着くまで待ってくれるって言ってたじゃない(泣)」……と、彼は思っているかもしれません。

***

待てなかったことで誰かが傷ついています。そういう人の上に「うまく待てる自分」が成り立ちます。
だからといって、誰かを傷つけまくってもいいという話ではありません。傷つける人は少なければ少ないほどいいものです。

これまで傷つけてしまった人の顔を思い浮かべつつ、「今すぐにできること」と「時間が経たないと解決しないこと」をうまく整理していくと、しょぼい恋ではなく、豊かな恋愛ができるようになります。(ひとみしょう/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事