2016.08.24

あなたが彼に大事にされないそもそもの理由

どんなに彼に尽くしても、どんなに彼のことを愛しても、彼に大事にされない女子……まことにかわいそうですが、そういう人もいると思います。
今回は、彼に大事にされない理由について、一緒に考えてみたいと思います。

■自分のことが好きになれない

何回もこの『ハウコレ』に書いてきたことを繰り返すようで恐縮ですが、自分のことを大事にできない人って、誰からも大事にされないものです。
簡単に言えば、自分のことが好きになれない人は、彼に大事にされないということです。

自分のことを大事にしている人は、自然と相手のことも大事にします。つまり相手が「本当はなにを欲しがっているのか」が、ごく自然に見えてくるので、それを彼に提供すれば、彼に大事にされる……こういう好循環に恵まれます。

何百人もの女子に、深くお話をお聞きしてきたわけではないので、著者の「取材雑感」的な考えですが、彼氏に大事にされないという悩みを抱えている女子で「自分のことが好きになれない」と言っている人って、多いように感じます。
では、どうしたら、自分のことが自分で好きになれるのでしょうか?

■いろんなことをやってみる

答えのひとつは、「いろんなことをやってみる」ことです。
たとえば仕事を変えてみる。自分が1日の大半を過ごしている環境を変えてみると、自分が日々感じる風が変わってくるので、自分のことが好きになれることだってあります。
自分って、ぽつんとひとりぼっちでいるものではなくて、第三者が「あなたはこういう人です」と下す評価によって、大きく変わってくるからです。

だから自分のことが好きになる最大のきっかけは、自分が最高と思っている人に評価されることなわけです。
極端にいえば、売れないピアニストが、世界最高峰のコンテストで優勝するとか……そういうことです。
わたしたちにとって身近な仕事において、似たようなことをすれば、簡単に自分のことが好きになれます。
つまり「自分が好きかどうか」というのは、単なる「考え方」ではなく、具体的にどういうことをやって、誰に評価されたのか(どういうチャレンジをしたのか)によるということです。

■大事にされない時期がないと大事にされない

だから、ホントのことを言えば、自分のことを好きになるのって、年単位で時間がかかることです。いろんなことをやるには、かなり時間がかかりますよね。

だから、彼氏に大事にされようと思えば、なにをやっても彼に大事にされない時期が、どうしても出てきてしまいます。
それはそれでしかたないです。

自分のことを大事に扱えない彼女のことが大好きだから、とにかくそういう彼女に尽くしたい……そういう彼女を救い出してあげたい……こういう彼と巡りあえたらラッキーですが、なかなかそういう出会いはないでしょう。
それに「自分から好きにならないとつきあいたくない」と思っている若い女子だって大勢いるでしょうから、そういうチャンスは、そもそも多くの女子にとって、ないも同然かもしれません。

でも大丈夫です。
誰だってそのうち、自分のことを大事にしてくれる彼氏に巡りあいます。いろんなことをやっているうちに巡りあえて、そのときは、自分で自分のことが好きか嫌いか、という考え方じたいがどこか遠くに吹き飛んでいます。
自分のことが好きになれない、という考え方から解放されたとき、彼女は彼にすごく大切にされるようになるのです。(ひとみしょう/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事