2016.08.29

ムダ毛に悩む女子へ。処理法別のメリット・デメリットをとことん解説!

足や腕など目立つ場所から、お腹・背中など普段は目立たない場所まで、濃いムダ毛に悩んでいる女性は多いのではないでしょうか。処理をするにも手間や肌への負担などを考えると、何が良いのか悩みますよね。今回はムダ毛の処理方法とそれぞれのメリット・デメリットについて解説します。

脱毛エステ

近年、比較的低価格で脱毛をスタートできるエステサロンが増えていることから、自己処理と平行して通っている方も多いのではないでしょうか。脱毛エステの場合、永久脱毛のメニューもあるため、施術期間が終わると日々のムダ毛処理の手間を減らせるのでとってもうれしですよね。

シェービング回数も減るので、肌への負担も少なくすることができます。デメリットは自己処理と比較すると費用がかかること、何度も店舗へ通い続けなくてはいけないことなどが挙げられます。

家庭用脱毛器

家庭用脱毛器は、脱毛エステに通う手間もお金もかけずに自宅でケアできる点がメリットです。忙しい方や思うようにエステサロンの予約がとれない方におすすめです。

デメリットとしては、手の届かない箇所の処理には向いていないことと、商品によっては消耗品の費用がかかることなどがあります。

シェービング・毛抜き

カミソリや毛抜きでの処理は、自己処理をされている方の中でも多数派なのではないでしょうか。一番のメリットは何と言っても、お金をかけずに自宅で処理できるという手軽さでしょう。

一方でシェービングは肌の表面も一緒に削ってまったり、毛抜きにおいては毛穴の黒ずみの原因になったりと、肌に負担がかかってしまう点がデメリットですよね。

脱毛クリーム

脱毛クリームは、肌に直接クリームを塗ることで、ムダ毛を薬剤で溶かす方法です。費用が比較的安い点や、シェービングよりも生えてくるまでに時間がかかる点、塗って洗い流すだけで毛が溶けて流れていくという手軽さがメリットとしてあげられます。

デメリットは、商品の成分によっては肌に負担がかかったり、人によってはアレルギー反応を起こしてしまうケースがあることでしょう。

費用・手軽さ・肌への負担…あなたは何を優先する?

ご紹介したとおり、当然それぞれの処理方法にメリット・デメリットは存在します。費用や手軽さ、肌への負担など、比較すべきポイントはさまざまあるので、何を重要視するかの優先順位を決めて選ぶと良いでしょう。(はる/ライター)

(ハウコレ編集部)
関連キーワード

関連記事