2016.09.02

さりげなく距離を縮めちゃえ!上手に「奥手な男子」を落とすテクニック

草食男子や恋に奥手な男性を好きになってしまった場合、恋愛関係に持っていくのはなかなか難しいことですよね。

奥手な男性に対しては、少しずつさりげなく距離を縮めていくことが、重要なポイントとなってくるでしょう。

そこで今回は、「奥手な男子」を落とすテクニックを紹介します。

1.「LINE」や「SNS」で距離を縮める

「LINEとかで頻繁に会話をしていると、だんだん心を開いてくれるようになりますね」(26歳/販売)

「SNSのコメントで会話とかして距離を縮めると、いい感じになれますよ」(27歳/保険会社)

奥手な男子は、面と向かってはなかなか上手に女性と話せないもの。
なので、まずはLINEやSNSなどでコミュニケーションを取るようにすると、自然に距離も縮めやすいかも。
コミュニケーションツールであれば、奥手な男子も本音を語ったりもしやすいので、効果的な方法であるでしょう。

2.相手の「趣味」に食いつく

「相手の趣味に食いついてあげると、奥手な男性でも仲良くなりやすいですね」(26歳/広報)

「好きなものの話をしてあげれば、草食男子でもさすがに話も盛り上がりますよね」(29歳/WEBデザイナー)

奥手だったりおとなしい男性でも、自分の趣味や特技などの話であれば、得意気に話せるはず。
であれば、女性の方からそれに合わせてあげるといいでしょう。
相手の趣味について質問してみたり、同じ趣味を持ったりすれば、仲良くもなりやすいです。
急速に距離を縮められる重要なキッカケにもなるかも。

3.「誘いやすい状態」にしてあげる

「こっちからエサを撒いて、もう簡単に誘える状態にしてあげるといいかも」(28歳/IT)

「『あのお店行ってみたいんだよね』なんて言ってあげると、さすがに誘ってくれますよ」(26歳/飲食)

気がある女性がいても、奥手な男子はデートに誘う勇気が出ません。
行きたい気持ちはあるのに、どうしても声がかけられないのです。
なので、女性側から誘いやすい状態を作ってあげることは、かなり効果的な手段のひとつ。

「あそこのレストランに行ってみたいな」なんて言ってあげると、誘い出せない奥手な男子の背中を押してあげることができるでしょう。

4.「好意がある」ことを見せる

「こっちが好意を持っていることがわかれば、男性もその気になってくれやすいかも」(31歳/営業)

「好きだという気持ちをそれとなく伝えてあげると、さすがに相手の意識も変わってきますよ」(28歳/メーカー)

「断られるかもしれない」と思うと、なかなかデートに誘ったり、思いを告げたりもできない。
そういった気持ちが、奥手な男子の心の中には常にあるもの。
その不安が取り除けない限り、怖くてアプローチもかけられないのです。

ちゃんと「好意」があることを伝えてあげると不安も消えるので、積極的に動き出せるようにもなるでしょう。

おわりに

「奥手な男性」も、決して女性が嫌いなわけではないですし、興味は持っているものです。
「誘っても大丈夫だ」という勇気と信頼が持てる関係性になれれば、声をかけてくれるようにもなるはずですよ。 (山田周平/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事