2016.09.03

マイナス評価!「受け身カノジョ」に対する20代男性の本音とは

こんにちは、コラムニストの愛子です! 

「男性は女性を追いかけたいもの」と思い過ぎて、実はカレから面倒くさがられている女性って、多いのではないでしょうか。最近カレが冷たくなったな~。カレからの誘いが減ったかも。

そんな不安を抱える女性は、受け身になりすぎていないか考えてみるといいのでは? そこで今回は、20代の男性たちに、受け身カノジョに対するホンネを聞いてきました。

1.たまにはカノジョからデートに誘ってほしい

「会いたいっていうのはいつもオレから。付き合い始めの頃はそんなの気にしなかったけど、正直今は、そんなに会わなくてもいられる。
全部オレ任せだったら、今週は会わなくてもいいやって思っちゃうよね。たまにはカノジョからも誘ってほしい」(22歳/大学生)

「自分で誘ったからには相手を楽しませなければ」と多くの男性は思ってくれているようです。

ただそれがずっと続くと、段々負担になってくるのかもしれませんね。「最初の頃はもっとカレから誘ってくれたのに、私への愛が冷めてしまったの?」と悲しくなるかもしれませんが、時間経過とともにお互いの気持ちや関係性は変化して当然なのです。

それを受け入れ、次の行動に移せる女性が末永く愛される女性! いつもカレからの誘いを待ってしまう方は、たまには「会いたい」って自分から言ってみるといいかも!

2.オレに合わせすぎ、自分の意見も言ってほしい

「食べたいものとか、行きたい場所とか、全部何でもいいって言われると決めるのに疲れる。そんなにオレと遊ぶのが楽しくないのかな、とか思っちゃうし」(24歳/飲食関係)

食事のメニューやデートの場所をカレに任せてばかりいては、カレの案も尽きてマンネリ化が早まります。女性から「これが食べたい」「ここに行きたい」と言われるのを嫌がる男性はあまりおらず、ふたりで一緒に考えたいという男性は多いみたいです。

具体的に計画を立てるのが苦手なら、今度こんなことしたいな~と普段の会話に何気なく出してみるといいのでは? カレがあなたの案を気に入れば「じゃあ次の休みにする?」なんて具体的な予定を聞いてくれるかもしれません。

3.言いたいことはハッキリ言ってほしい

「オレのしたことが気に入らなくても、カノジョは絶対ハッキリ文句を言わず態度で示してくる。
いつもより暗いとか、笑わないとかね。最初は何か怒らせるようなことしちゃった? ってオレから聞いていたけど、もう正直面倒くさい。言いたいことがあるならハッキリ言ってほしい」(25歳/金融関係)

女性としては、言わなくても分かってほしいという気持ちがあるのでしょうが、男性にとってはすごく負担なようです。ハッキリ言葉にしなければ伝わらないこともあります。

カレに愛想を尽かされる前に、思ったことはちゃんと伝えましょう。どうしても許せない気持ちを態度に表すのは、それからでも遅くありません(笑)。まずは言葉にするということを心がけてみて!

4.オレのことを好きっだって、もっと表してほしい

「オレのカノジョはもともと大人しいタイプ。好きだとか今まで1回も言われたことない。恥ずかしいのは分かるけど、あまりにも態度に出されないと不安になるし、最近では不安を通りこして冷めてきた」(23歳/不動産関係)

付き合ってからも、愛情表現はとっても大切。恥ずかしい、うっとうしいと思われたくないなどの理由で、なかなか態度に出せないという気持ちもよく分かりますが、それは全部自分が傷つきたくないという保身からくるもの。

愛するカレを喜ばせたいという考えにシフトしてみては? そうすることで、もっと自分の素直な気持ちをカレに伝えられるかもしれません。

おわりに

いかがでしたか? カレからのアプローチで付き合い始めた場合、そのスタンスをなかなか崩せないこともあるでしょう。

でも勇気を出して自分の気持ちややりたいことを伝えれば、今までよりもっと関係が深まるはずです。ぜひトライしてみてください!(愛子/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事