2016.09.07

皆はどう思う?インターネットを使った出会いってアリ?ナシ?

婚活や恋人募集、友だちの募集まで、「インターネット」を出会いの場として活用する方は少なくはないと思います。でも、相手の素性がわからないインターネット上の出会い、本当のところ、世間はどう思っているのでしょうか?

気になる疑問にお答えします!

自分をしっかり守れるならアリ!

ひと昔前まで、インターネットを使うのはそれなりにパソコンやインターネットのことに詳しい方ばかりでしたが、最近では、むしろ日常に欠かせないものになっています。

そのため、いやらしいことを考えている人だけではなく、純粋に恋人を探している方にも出会えるのでは?と思っている方が多いようです。大切なのは、相手の素性がをきちんと確認して、自分をしっかり守ること。

人目の多い場所で会う、ふたりきりにならないようにするなど、入念に保身してくださいね。

なかには、積極的に出会いを求めている方も

インターネット上では、共通の趣味を持つ相手を探しやすいため、恋人探しにはピッタリだと思っている方もいます。また、インターネット上では相手の顔を見ないでやりとりできるため、対面より言いたいことをきちんと言えるというメリットも。

インターネットを使って、積極的に出会いを求めている方も多いですよ。

もちろんナシ派もいます

もちろん、インターネット上の出会いはナシだ!という方もいます。顔を見たこともない相手と深い関係になってしまうのは怖い、犯罪に巻き込まれてしまいそうというのが、ナシ派の方が心配するところです。

実際、インターネット上の出会いから犯罪に発展したケースもあるので、こうした意見にもちゃんと耳を傾けるべきです。また、「親にインターネットで出会ったなんて言えない…」という意見もあり、インターネットにあまり馴染みのない世代の方には、理解しがたい出会い方であるとも言えます。

写真と現実のギャップにガックリ…

インターネットでは、写真や動画などで相手の顔を知ることは可能です。でも、今や携帯で撮影した写真は加工をすることができるため、「実際に会ってみたら、別人のようだった…」なんて経験をしたことがある方もいらっしゃるかもしれません。

またインターネット上では、匿名や偽名を安易に使用できます。そのため、「やさしい人だと思っていた異性が、他の人にも同じように声をかけていた」なんていうこともあり得ます。こうした事実から、インターネットで出会った相手は信用できないと思っている方も少なくはないようです。

アリ派もナシ派も両方いる

インターネット上での出会いには、アリ派もナシ派も両方いるというのが現実。出会いを求めるのなら、自衛だけはしっかりとして、犯罪に巻き込まれないように注意したいものですね。(kuri/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事