2016.09.08

初のケンカで別れる宣言…。気まずい彼ともう一度仲良くなるには?



こんにちは。ライターの和です。今回は大学生の方からの質問に答えさせていただきます。

「つい最近の10ヶ月記念日に彼氏にフラれました。
その一週間前に彼と会えないのが寂しくて、つい理不尽に怒ってしまったことがが引き金となり、彼に『もう気持ちはない。好きじゃない』と言われました。それまで喧嘩したことはありませんでした。
しかし自分はこれで終わりたいと思わなかったので、別れたくないと粘りました。彼に自分の気持ち伝えて、とりあえず別れないことになりましたが、その後連絡はしていません。
2週間後にサークルの集まりがあり、そこに彼もいます。また3週間後には前々から予定していた旅行もあります。
わたしはまだ好きなので彼と会うのは嫌ではないのですが、どう振る舞えばわかりません。ただ、別れたくはないです。正直失恋の現実も受け入れにくく、毎日が辛いです。」

「たった1回のケンカで彼と別れることになってしまった…」なんて経験のある女性もきっといるはず。相談者様のお悩みについて一緒に考えてみましょう。

男性は女性が思っているより繊細

女性って彼氏に対して怒りが爆発しても、時間が経つと案外ケロッとしているものですよね。「ケンカをすることでお互いの関係が深まるはず」と考えている女性も多いもの。その一方で、男性は女性が思っているより繊細です。「こんなに彼女が怒っているなら、もう修復は不可能だ」と1回のケンカで気持ちがさめてしまうことも。

この相談者様も別れるつもりはなく、むしろ「好きだからこそ、寂しいという気持ちを彼にわかってほしい」という思いがあったのでしょう。でも彼が「俺が悪かったよ。ゴメンね」と答えてくれるとは限らないのです。彼への怒りがたまったときは一方的にぶちまけるのではなく、彼の性格や気持ちについても考えてから伝えるようにしましょう。

集まりや旅行では彼への最大限の配慮を!

彼がサークルの集まりや旅行をキャンセルしていないのであれば、一緒に行って問題はないでしょう。ただ、そこで彼が純粋に楽しんでくれるかはわかりません。

もし彼が旅行を楽しんでくれているようであればもう一度やりなおすきっかけになるかもしれないですが、逆に「キャンセル代を払いたくないから…」と彼が嫌々旅行に来ているようであれば修復は難しいでしょう。相談者様は彼に「やっぱり別れたくないな」と思ってもらえるよう、彼に対して最大限の配慮をしてみましょう。

少しずつ現状を受け入れていこう

彼に「もう気持ちはない。好きじゃない」と言われてしまっている以上、本当はもう別れるべきなのでしょう。それに仮に付き合い続けていても、相談者様は彼からの別れ話におびえ、彼のご機嫌取りをしなければなりません。お互いの愛情が釣り合わないのであれば、遅かれ早かれ彼とお別れすることになるでしょう。

そしたら相談者様はいま以上に傷つき、時間を無駄にしてしまったと後悔すると思います。いまは失恋が辛いという気持ちが強いと思いますが、少しずつ現状を受け入れることも大切です。

おわりに

彼にブチ切れるときは、別れを覚悟したときだけにしましょう。
そしてまずは彼が相談者様に対して今後どのような態度をとってくるのか様子を見てみましょう。
実際に「彼はもう私のこと好きじゃないんだな…」と確信したときは、これ以上相談者様が辛い思いをしないためにも彼と接触しないことをおススメします。(和/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事