2016.09.09

男ウケ「ナチュまつげ」を叶えるマツエク、どうすればキープできる?

つけまつげみたいに盛りすぎず、かといって地味でもない「マツエク」。モテガールのたしなみとも言えますが、愛好者が増える一方、すぐとれてしまうなどの悩みを抱える女子も。

時間とお金をかけているマツエクだから、少しでも長持ちさせたいと思いませんか?マツエクを長持ちさせるための4つのコツをご紹介します。

長持ちさせるには初日が肝心!

マツエクを長持ちさせるためには、施術当日はまつげ周りに水がかからないようにしましょう。実はマツエクのグルーが完全に固まるには、平均5時間前後かかるといわれており、乾く前にマツエクに水分がついてしまうととれやすくなってしまいます。

また、直接水がかからなくても、お風呂などの湿気もグルーの固定を妨げます。洗顔はまつげ周りを避けてコットンなどでふきとるなど、スキンケア方法も工夫して施術当日を乗りきりましょう!

クレンジングはこすらない!

マツエクを長持ちさせたかったら、クレンジングは優しく丁寧に。マツエクは摩擦に弱いので、ゴシゴシこすってしまうととれやすくなってしまいます。

正しいアイメイクのクレンジング方法は、まずポイントメイク落としなどをコットンにとり、アイホールのメイクを優しくふきとることから始まります。次に、綿棒にポイントメイク落としをつけて、目尻や目のきわなど、まつげ周りのメイクを優しくオフしていきましょう。

重点的に仕上げるからこそ落としづらいアイメイクですが、ポイントメイク落としをたっぷりつけて、まつげをこすらないように優しく、を心がけましょう。

まつげにはできるだけ触らない

目をこする癖があったり、長くなったまつげが気になってついつい触ってしまったり…どちらもマツエクがとれやすくなる原因です。

マツエクは摩擦などの刺激に弱いので、触れば触るほどとれやすくなります。また、目をこすると目の周りにできるシワの原因になることも。マツエク長持ちのためにも、そしてシワのない肌のためにも目をこすったりまつげを触ったりするのはやめましょう。

マツエク専用の化粧品を使う

マツエクが長持ちさせるためには、マツエクに合った化粧品を使いましょう。まずはクレンジングですが、クレンジングオイルを使うとマツエクのグルーまで溶かしてしまい、とれやすくなってしまいます。オイルフリーのローションタイプや、乳液タイプのものを使いましょう。

アイライナーやマスカラはウォータープルーフタイプではなく、フィルムタイプを使いましょう。フィルムタイプはお湯で簡単に落とせるので、マツエクに負担がかかりにくく、長持ちするのでおすすめです。

正しいケアでマツエクを楽しもう

水、摩擦、オイル。この3つの原因からマツエクを守れば、マツエクは今よりもっと長持ちしますよ!マツエクを長持ちさせて、彼をキュンとさせる、魅力的な目元をキープしましょう!(silver/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事