2016.09.16

「好きすぎてつい…!」男子が気になる女子にやってしまう行動

好きな人ができたら、誰だって相手が自分のことをどう思っているか気になりますよね? けどストレートに「私のことどう思っているの?」なんて聞ける子は少数派…。
でも、もし好きな彼からこんなことをされているのなら希望を持っていいかも!
男子が気になる女子についやっちゃうことは、こんなことです。

1.用はないけどLINEする

「別に用はないけどLINEしたいからスタンプ一個だけ送信したりしてしまう。でもそれで既読スルーされたらかなり凹むんだけどね…」(27歳/福祉)

「まだあまり相手と仲良くない場合、どうでもいい内容で連絡するのも好意がばれそうで嫌…。相手がLINEのアイコン変えたり、タイムラインに何か投稿したら『写真変えたんだ?』とか連絡しちゃう」(29歳/営業)

「好きな子と近づきたいけど、好意がバレたらイヤ!」というシャイな男子は自分から連絡を取るのがちょっと苦手みたい…。「できれば男子から連絡が欲しい!」と思う女子からしたらもどかしいですね。
でも、もしLINEのアイコンを変えたときやタイムラインに投稿したときに、気になる彼から連絡がきたら、連絡できる口実を待っていた、と思ってもいいかも。

2.ちょっと自慢

「やっぱり好きな子には、『すごい!』とか『かっこいい~』とか思われたいから、『先月外車買ったんだ』とか『来月仕事でアメリカ出張』とか別に言わなくてもいいことをちょいちょい言って自慢してしまう」(33歳/IT)

「男は誰しもそうだと思うけど、気になる子には自分の仕事や趣味などの良い部分をアピールしたいもの。何も聞いてないのにすごい人脈持っているんだぜアピールとかしてきたら脈アリかも。別に好きでもない子にそんなこと話さないし」(30歳/金融)

好きな子からはやっぱり「すごい」とか「かっこいい」とか思われたいのが男。
だから好きな子とふたりきりだと、普段しないような自慢話をついついしてしまうんです。もし気になる男子から自慢っぽい話が出てきたのなら脈アリかも!?

3.SNSで絡む

「リアルに絡むのが恥ずかしいから、気になる子のSNSの投稿にコメントしたり、いいね! を押したりしてしまう」(29歳/コンサルタント)

「同じ飲み会に参加してたものの、緊張して声かけられなくて連絡先の交換ができなかった場合、SNSでその子を探して『昨日はありがとう』という口実でメッセしてしまう」(26歳/講師)

好きな子を目の前にすると素直に話せない…という男子はSNSを使って好きな子に近づくようです。なので飲み会で気になる彼に連絡先を聞かれなくても落ち込まないで。もしかしたら翌日SNSで連絡が来るかもしれません。

4.駆け引き続き

「明日もLINEしたいから途中で未読スルーして翌朝「おはよう。昨日途中で寝てたわ」とLINE再開」(30歳/不動産)

「好きでもない子から連絡きたら気づいたときに読んで、そのまま返信するけど、好きな子からの連絡だと、どうしても文の内容考えちゃうし、返信する間隔も考えちゃうし…。つい駆け引きっぽくなってしまう」(31歳/企画)

駆け引きをしないほうがいいと思っていても、つい「すぐ返信したら連絡待ってたのバレるかな?」とか考えちゃいますよね。色々考えを巡らせた結果、なんだか駆け引きをしているような連絡のとり方になってしまうことも。好きな彼から連絡が遅くても心配しないで、もしかしたら彼なりに一生懸命返事を考えている最中なのかもしれません。

おわりに

普段気になる彼に素っ気なくされていても、上記のような言動があるならその素っ気なさは照れ隠しと思っていいでしょう!(美佳/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事