2016.09.19

デートのマンネリ化阻止!地味だけど意外と楽しいデートプラン

ふたりの行動範囲ってそんなに変わらないし、遊べる場所も行きつくしちゃった…。
カップルがいつかは直面するのが「デート場所のマンネリ化」ですよね。

長く付き合っているカップルなら、場所はどこであれお互いに心地良い過ごし方ができることでしょうが、たまにはもっと新鮮なデートをしてみませんか?

そこで今回は、「ちょっと変だけど意外と楽しいデートプラン」をご紹介します。

1.小路散策

「デートで大通りを歩くんじゃなくて、ちょっと込み入った場所を歩いていくと、いろんな発見があっておもしろい。人も少ないから楽だしね」(23歳/女性/IT)

デートというと、定番どころはアウトレット、映画館、遊園地などの特定の施設に行くことが多いかと思いますが、あえて提案したいのが“小路散策”。おおまかにエリアを決めて、探検するように街中を歩いてみましょう。彼とふたりで考えながら道を選んでいくとなんだかワクワクしてきますし、ちょっとした裏路地に入れば人目がないので、ふたりだけの世界を感じることもできます。

2.途中下車の旅

「一回だけ彼と“途中下車の旅”したことある!ノープランで家でたからけっこう心配だったけど、おもしろかった」(25歳/女性/メーカー)

予算や時間だけ事前に決めて電車に乗り、気になる駅があったら降りていく、“途中下車の旅”はいかがでしょうか?1.の小路散策と同じように、どこへ行こうかを彼と相談することで、話題も尽きませんし「ふたりで一緒に行動している感」を出すことができます。
ちょっとお金と時間はかかるかもしれませんが、たまには遠くに出てみてもよいかもしれませんね。

3.鍾乳洞探索

「冒険してるって感じがしてすごい楽しかったな。最初は地味だな~と思ったけど」(22歳/女性/接客業)

「ちょっとアウトドアっぽいことしたい!でも、スポーツは苦手だし日にも当たりたくない…」
そんなワガママなあなたには、鍾乳洞探索がおすすめ!洞窟の中なので日にも当たりませんし、ちょっとした段差を避けながら歩いていけばアウトドア感も味わえます。きっと男性の彼ならオシャレな場所へ行くよりも、こういったアクティビティをするほうがワクワクして楽しんでくれるのではないでしょうか?

4.無料展望台

「無料展望台とかどうかな。スカイツリーとかよりは人も来ないし、落ち着けるからいいよ。デート帰りの足休め的に寄って帰るのもありなんじゃない?」(20歳/女性/大学生)

高いところから景色を眺めるなら、スカイツリーや東京タワーなど有料の施設が定番ですが、二度も三度も行くような場所ではないですよね。
マンネリ化してしまったカップルであれば、「無料展望台」に手を出してみるのがオススメ!探すと各地にあるものですし、かつ穴場の場所が多いもの。お金がかからないぶん景色は劣るかもしれませんが、ゴミゴミした施設よりは彼とふたりの空間をより味わうことができるでしょう。

おわりに

いかがでしたか?デートを重ねれば重ねるほどデート場所ってなくなってしまうもの。
「ここなら毎回行っても全然飽きない!」という場所を探してもいいですが、たまには思い切って遊ぶ場所を変えてみることも、マンネリ防止には良いかもしれませんね。(松宮詩織/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事