2016.09.19

「画像を送信しました」男性がおもわず返信したくなるLINE術

気になる彼からのLINE既読スルーって、本当に切ないもの。「なんでLINE見ているはずなのに返信してくれないの!?」なんてモヤモヤしたことのある女性も多いのでは?

そこで今回は「男性が思わず返信したくなるLINE術」についてリサーチしてみました。ぜひ参考にしてみてくださいね!

1.簡潔にまとめられている文章

「ダラダラ長い文章って、返信するのが面倒になる。『○日空いてる?ご飯行かない?』など短文で簡潔にまとめられているLINEだとパパッと返せていいですね。」(27歳/男性/営業)

好きな人へのLINEって「返信してほしい!」「色々話したい!」という気持ちからか、つい長文になりがち。でも長い文章は「返信するの面倒だわ…」「これ返事したとしてもまた長い文章が送られてくるんだよね…」と男性をゲンナリさせてしまいます。彼から返信をしてほしいときは、相手が読みやすい文章を送るようにしましょう。

2.答えを出しやすい相談

「『○○先生の授業ってどうですか?』『ゼミってどうやって選べばいいんですか?』みたいな答えやすい質問や相談は返信できるかな。逆に重すぎる質問は俺にしないでって思っちゃう。」(21歳/男性/大学生)

相談や疑問文だからといって、必ずしも彼から返事をもらえるというわけではありません。むしろ重い悩みは男性も対処しきれないとスルーしてしまう可能性があります。LINEでは彼が答えを出しやすい、軽めの悩みを相談するのがベター。「○○君に聞いてほしくて…」と少しだけ彼に「特別アピール」をするのも良いかも。

3.良いタイミングを狙う

「いいタイミングで『お仕事お疲れさま~!』なんてLINEが入っていたら返しちゃうかも。」(25歳/男性/商社)

やっぱりタイミングって大事ですよね。忙しいときにLINEをもらっても、返信するどころか開くことすらできないという男性も多いでしょう。特に彼の休みの前日(金曜の夜など)にLINEをもらえると返信しやすいんだとか。彼がホッと一息ついてリラックスしていそうな時間帯を狙ってLINEを送ってみましょう!

4.「画像を送信しました」

「『画像を送信しました』って来ると『お?なんの写真だろう?』って思わず見ちゃう!(笑)」(24歳/男性/製造)

「気になる彼に『プール行ってきたんだ~!』と写メを送ったら速攻返事が来た(笑)。『水着めっちゃ似合うじゃん!もっと写メ送ってよ!』と言われました。やっぱり写メの効果って絶大!」(20歳/女性/大学生)

女性は文章を好む傾向にありますが、男性の食いつきが良いのは写真なんだそう。「画像を送信しました」という通知につられて、ついLINEを開いてしまったという男性も。また写真があることによって、リアクションもしやすいんだそうです。instagramやFacebookなどのみんなが見るSNSではなく、自分だけに写真が送られてきたというものまた嬉しいそうですよ。

おわりに

「彼からの返信がほしい!」とむやみやたらにLINEを送りつけるのはNG。
読み手側の立場になって、気楽に返信できる文章を目指してみましょう!(和/ライター)

(ハウコレ編集部)
(こいずみさき/モデル)
(泉三郎/カメラマン

関連記事