2011.08.16

アメリカ西海岸で美味しいハンバーガーを食べるには・・

 
アメリカと言ったら、やはりハンバーガー!多くの日本人が食にこだわりを持つ中、アメリカの食事と言ったら健康的にも味に関しても少し心配…、という方も多いかと思います。

今回は、アメリカ西海岸(カリフォルニア州、アリゾナ州、ネヴァダ州、ユタ州、テキサス州)にある大人気ハンバーガーチェーン店『In-N-Out(イン・エヌ・アウト)』の紹介です。



『In-N-Out』の良い所

『In-N-Out』では、一切冷凍モノは使われておらず、極力新鮮な野菜、チーズ、牛肉等を手に入れる事に力を注いでいます。店内には冷凍庫も電子レンジもありません。レタスはシャキシャキとして、トマトはジュシー。牛肉の旨みといったら、たまりません。バンズは少々トーストされていて、カリッとしています。ここで使われているバンズは、店舗内で一から作られ、焼かれています。

フレンチ・フライに使われるジャガイモは店内で一つ一つカットされ、ピーク時の店員さんの神業(じゃがいもをカットするスピードが尋常ではない)は素晴らしいものがあります。

『In-N-Out』の主なメニュー

その他の大型ハンバーガーチェーン店と異なる点の一つが、メニューの少なさ。ハンバーガーの種類はなんと、3種類のみ。日本で言う、頑固親父のラーメン屋さんのようなものですね。とっても潔い!

普通のハンバーガーに、チーズバーガー、そしてパティとチーズが二つずつ入っているダブル・ダブル。それぞれ、単品、またはコンボとして頼む事が出来ます。コンボにはフレンチ・フライと飲み物が付いてきます。その他の飲み物で、シェークが置いてあるようです。

『In-N-Out』で隠れメニューを頼もう

先ほど、ハンバーガーは3種類のみ!とご紹介させていただきましたが、実は!その他、メニューには載っていない隠れメニューがあるのです。

・プロテイン・スタイル
プロテイン・スタイルとは簡単に言うと、バンズの変わりにレタスが使われているバーガー。"2×4"、"3×3"、"4×2"、最大”4×4”まで可能(最初の数字がパティの数、後の数字がチーズの枚数)。

・ダブル・ミート
文字どおり、ビーフ・パティが2枚、ただしチーズ無しです。最大4枚まで可能のようです。

・フライング・ダッチマン
一風変わった、フライング・ダッチマン。ビーフ・パティ×2とチーズ×2のみ。

・グリルド・チーズ
チーズバーガーのビーフ・パティ抜きです。チーズを食す、ベジタリアンの方にお勧め。
 
・ヴェジ・バーガー
これはグリルド・チーズのチーズなし。100%ベジタリアン向けです。

ハンバーガー、フレンチ・フライをカスタムしよう

In-N-Out』では隠れメニューの他にも、さまざまなカスタム・メニューが存在します。お客様、一人ひとりにあった味を提供するするのに、大変努力されてる姿勢がうかがえます。

 

・アニマル・スタイル

これは炒めたみじん切りの玉ねぎと、チーズと特別なソースを混ぜたもの。ハンバーガーとフレンチ・フライの両方に追加可能です。

 

・グリルド・オニオン

通常ですと生の辛い玉ねぎが入っていますが、炒めた玉ねぎ(みじん切り、輪切りが可)にしてもらう事が出来ます。

 

・エキストラ・トマト、レタス、オニオン、トースト

文字通り、通常より多く入れてもらえます。トースト加減も調整できますよ!

 

・フレンチ・フライのカスタム

チーズをトッピングする、チーズ・フライから、揚げられている時間が短いフライズ・ライト、さらにフライズ・ウェルダーンまで様々。

 

・スプレッド・ソースとチリ・ペッパー

ドレッシングのようなスプレッド・ソースとチリ・ペッパーはその場でもらえます。

 

・ノー・ソルト

文字通り、塩なしです。ハンバーガーとフレンチ・フライの両方可。

 

・カット・イン・ハーフ

ハンバーガーを真っ二つに切ってくれるサービス。小さいお子さん連れの方には嬉しいです。

最後に

隠れメニューを把握し、さらにカスタムすればより自分好みのハンバーガーが楽しめそうです。野菜も新鮮で、なんと言っても美味しい!是非、アメリカにお越しの際は一度召し上がってみてください。

店内で店員さんがかぶっている紙製の帽子をもらう事も可能です。小さいお子さん連れの方は一度聞いてみると、お子さんも喜びますよ!

それぞれの隠れメニュー、カスタム・メニューがこちらのウェブサイトでご覧いただけます。
”In-N-Out's Secret Menu”



関連記事