2016.09.26

「コレで絶対立ち直れる!」失恋したときのステップ・5つ

失恋といっても、いろいろなカタチがあります。納得して別れた場合もあれば、告白が失敗したり、裏切られたり…。いずれにしても、好きだった気持ちが強ければ強いほど、なかなか立ち直れないもの。

そこで今回は、そんな失恋中のみなさまへ向けて、失恋を乗り越えて、つぎの恋愛に繋げるためのステップをご紹介しましょう。

●とにかく泣いて、泣いて!泣きまくれ!

涙を流すこと。これは人にとって、とても大切なことです。泣かずに頑張るのも、もちろん素敵なことですが、自分の感情を吐き出すことは、もっと大切なこと。

思いっきり泣くことができれば、それが、気持ちの整理をつける上での第一歩になります。我慢しながら気分が沈む状態を長引かせるのはNG。彼との楽しかった思い出を浮かべたり、締め付けるような胸の痛みを感じたりしながら、泣けるだけ泣いてみて!

ここでは何時間でも泣き続けるというのがポイントです。涙が枯れ果てるとはこのことか!というところまで、声が枯れ果てるまで、どこまで泣けるか挑戦するくらいの気持ちで泣いてみてください!

●共感してくれる友達と、失恋ソングに浸って!

ひとりで思いっきり泣いたら、感情を少し言葉にできるようになっているかもしれません。つぎのステップは、その言葉を友人に聞いてもらって、共感してもらうこと。そして同じような気持ちを歌っている歌を聴くことです。

こうすることで、自分だけではない、第三者の言葉も入ってきます。これが、冷静に自分の気持ちを見つめなおし、相手との関係を客観的に見る手助けになるのです。

少し客観的に見られるようになったら、失恋ソングを聴く時間は減らしてみて!失恋ソングの合間にポジティブな曲を聞くようにして、少しずつ明るい気持ちを取り戻していきましょう。

●思い出の品に、しっかり感謝して一斉処分!

つぎのステップは、思い出の品を処分してしまうことです。これができるかどうかが、未練を断ち切れるかどうかのポイントになります。

とにかく、見て彼を思い出してしまうものは処分するようにしましょう。高価なものがあるのであれば、売ってエステに行くなんていう手もあります。彼との思い出の品に「ありがとう」と告げて、つぎの恋愛に進む準備をはじめましょう。

●できることはリセット!環境を変える!

思い出を処分できたら、いよいよつぎの恋、新しい自分に目を向けるタイミングです。なにか新しいものを買ったり、部屋の模様替えをしてみたり、もし余裕があるなら、引っ越ししてしまうのも効果的。

相手を想いながら過ごした場所、一緒に過ごした空間も、ある意味で処分すべきもの。思い切って、新しく変えてみれば、おのずと気持ちもリフレッシュできて、いい区切りになるはずです。

●新しい刺激をみつける

環境を変えられたら、気持ちはずいぶん軽くなってきているはず!ここまできたら一気に、健全な心を取り戻してしまいましょう。

新しい趣味を始めるのもいいですし、出会い目的とまではいかなくても、楽しく遊べる集まりに参加してみるのもおススメ。なにかの資格をとるために勉強したり、自分の魅力をアップさせることにチャレンジしてみたりして、過去の恋を、新しい刺激で吹き飛ばしてしまいましょう!

●おわりに

失恋で落ち込んでいるとき、いきなり元気になろうとすると逆効果です。まずは辛い気持ちを受け止めてあげてから、少しずつ、少しずつ進んでいきましょう。いまの辛い気持ちが1年後同じなんてことは絶対にありません。失恋期間は、つぎにもっと素敵な恋をするための準備期間。自分の気持ちとしっかり向き合って、誰かを愛していた自分をたたえてあげましょう。(織留有紗/ライター)

(ハウコレ編集部)
(黒田真友香/モデル)
(柳内良仁/カメラマン)

関連記事