2016.09.28

好印象を残せる!次に繋がる「デート後のLINE」4パターン

楽しかった彼とのデートが終わった後のLINEってとても重要。
このメッセージで彼に「次も会いたいな!」と思ってもらえるかどうかで、その後の展開が変わります。でも、彼からの返信が来るような工夫など、考えなければいけない点はいろいろあるもの…。

彼からまた誘ってもらえるようなデート後のLINEのメッセージはどんなものでしょうか。

1.具体的に楽しかったことを伝える

デート後のLINEで自分の感想を彼に伝えるために、ただ単に「ありがとう」「楽しかった」と伝えるだけでは、他の女子と変わりありません。また、ひと言だけのメッセージでは、ちょっと社交辞令のような印象も与えてしまいます。

彼の心をもっと惹きつけたいなら、具体的にどのようなところが楽しかったかを伝えて、彼もその場面を思い出せるようなメッセージを送りましょう。また、話していた内容について触れてみるのもいいかもしれません。こういった具体的な思い出を織り交ぜて伝えると、「心から本当に楽しんでくれたんだな」と彼が思ってくれますよ。

2.彼が興味のあることを話題にする

たとえばデート中に彼が興味を持っていることや場所などについての情報を得たら、「今度はさっき話してた○○に行こう」といったメッセージをLINEで送ってみましょう。そうすると、彼は「俺とその場所に行きたいと思ってくれているんだ」とあなたの好意を感じますし、次の約束をするきっかけにもなります。

また、食事の話を持ってくるとベター。デート中に好きな食べ物の話をしていたなら、「次は○○を食べに行かない?」とメッセージを送れば、気軽に食事デートにつなげられますよ。

3.メッセージの中で彼の名前を呼ぶ

これはちょっとしたテクニックのパターンですが、LINEのメッセージの中でさりげなく彼の名前を入れてみるというのもおすすめ。名前を呼ぶことで、距離がグッと縮まったような印象を与えられますし、デート後すぐにこのテクニックを使うことで、デートを通して仲が深まったような雰囲気を作り上げることもできます。

また、わざわざ名前を呼ぶことで、「“あなたと”行ったからこそ楽しかったんだよ」という印象づけもできるでしょう。いきなり下の名前でを呼ぶのは難しいでしょうから、まずはあだ名で呼んでみるのがおすすめです。

4.「また誘ってほしい」と素直にいう

自分からだとなかなか「次はいつにする?」といったデートの約束を取り付けるのは難しいですし、できることなら彼からまた誘ってもらいたいというのが女心ですよね。
そこで、自分から誘わずとも、次も誘ってほしいという気持ちを素直にLINEのメッセージに乗せてしまいましょう。

たとえば、「次は○○に行こう」というメッセージにプラスして「また誘ってね!」とつけ加えるのです。さらに、「このあたりの日程なら空いてるよ!」といった具体的な時期を提示することで、彼も次の予定を決めやすくなります。
進展にヤキモキしてしまうなら、思い切って素直に言うのが一番ですよ。

1つのメッセージも慎重に!

このように、デート後のLINEのメッセージでちょっとしたことを意識すれば、次のデートにつながりやすくなります。また早く会いたいと思ってもらえるために、これらのポイントを押さえておきましょう。(なな/ライター)

(ハウコレ編集部)
(新部宏美/モデル)
(柳内良仁/カメラマン)

関連記事