2016.09.30

もったいない!男性が「しゃべると残念…」と感じる女子の特徴・4つ

年齢を重ねれば、誰だってだんだんと精神的に大人になっていくもの。でも、まだ若いうちは、会話にしてもつい余計なことを言ってしまいがちです。

それが若さの表れとも言えますが、恋をするうえでは言動にも気を付けなければなりません。話題や話し方によっては、彼の気持ちが離れていってしまいますよ。

そこで今回は、男性が「黙っていればいい女なのに……」と感じる女子の特徴をご紹介します。

1.何でも思ったことを口走ってしまう

「20代前半の頃って、好き勝手言っていた印象です。思ったことをお構いなしに言っていたので、彼氏から『どうしてそんなこというの?』と言われてしまったこともあって。今でこそ、反省しちゃうんですが」(26歳/女性/IT)

思ったことや感じたことを、そのままベラベラと口にしてしまう。そんな言動に心当たりのある女子はいませんか?それこそ、足を運んだお店に「イマイチだったね~」と、グチをこぼしてしまうとか。彼氏に対して「もっと男らしくしなよ」と言うとか。
これでは彼も気を悪くしてしまいますよね。発言をする前にきちんと「これを言ったら彼に悪いかな?」とちょっと立ち止まることが大事ですよ。

2.下ネタが多い

「大好きな女の子が実はエッチだったっていうのは、俺にそれだけ素顔を見せてくれているってことだから嬉しいんだけど、普段から下ネタ言い放題の彼女はちょっとイヤかな」(25歳/男性/自営業)

たしかに、彼にエッチな一面を見せることって、ふたりの仲を深めるために大事なポイントだと思います。でも、人前で下ネタを言ったりするのは、下品に見えて男性からドン引きされてしまうので、注意した方がいいかも。

また、下ネタに限らず、人目をまったく気にしないでイチャイチャしたりといった、下品な付き合いをする女性は苦手という男性は多いもの。ふたりだけでないときには、きちんと節度を持った言動をするよう意識しましょう。

3.ネガティブ思考が目立つ

「彼女と話していると、『でも、私って◯◯だし……』と何でも自分に結びつけて、ネガティブに捉えちゃうから、『そんな風に考えなくてもいいのになあ』って思うことはよくあります」(24歳/男性/サービス)

恋愛は楽しくするのが一番。彼の前であれこれとネガティブなことをつぶやいてしまっては、デートの雰囲気は盛り下がってしまいますし、彼も励まし方に悩んでしまいます。
ネガティブになってしまう理由が何かあるなら、それを少しでも解消する手立てを見つけましょう。彼に思い切って相談してみるだけでも、デート中の雰囲気が変わるかもしれません。相談するのも心苦しいのであれば、「彼とのデート中は楽しくしよう」と心掛けられるだけでもしましょう。

4.ぶりっ子をする

「あまりにも異性を意識し過ぎて、作った声を出したり、かわいい子ぶる女の子は苦手かなあ。自然体で付き合いたい」(24歳/男性/大学院生)

気持ちが通じ合ったはずの彼であれば、ぶりっ子をする必要もありませんよね。彼も作りこまれたあなたとは接しづらいですし、何より媚びたような言動にウンザリしてしまうでしょう。
お互いに相手を異性として意識しすぎるあまり、雰囲気がチグハグになることもあるかと思いますが、ムリに自分を繕う必要はありません。もちろん女の子らしさには気を遣いながら、自然な態度で付き合うようにしましょうね。

おわりに

恋愛はコミュニケーションです。話すときの言葉や態度って、意外とふたりの関係性に大きく影響してくるもの。心当たりのある女子はちょっと気を付けてみだくさい。(柚木深つばさ/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事