2016.10.06

既読無視5日目…気まずいケンカ状態から速攻で仲直りする方法

彼氏と意見が合わなかったり何か問題が起きたりしたとき、ケンカを挟んで解決するのが一般的でしょう。
でも、ケンカが長引くと数日連絡を取れなかったり、会ってもギクシャクしてしまったりと気まずいものです。

せっかくなら、彼とはできるだけ楽しい時間を過ごしたいですよね。
今回は、彼氏とスムーズに仲直りできる方法を見ていきましょう。

1.自分に少しでも非があれば謝る

ケンカをするとき、どちらかに明らかに原因がある場合と、お互いの小さな原因がぶつかり合ってしまった場合の2つがありますよね。
いずれにしろ、少しでも自分に非があるなら自分から謝るのが良いでしょう。

彼にだって悪いところがあったとしても、こちらから先手を打って謝ると、彼も「自分にも悪いところがあった」と思ってくれて仲直りにつながるきっかけになります。

まずは頭を冷やして、自分の悪かったところをきちんと認識することが大切です。

2.本音をぶつけてくれたことに感謝

ケンカするときはなりふり構わず怒りの感情をお互いにぶつけることになってしまいます。ケンカの内容についてだけではなく、普段はいわないような本音をつい言ってしまうことでしょう。

そのときはムカッとくると思いますが、こうした本音のぶつかり合いができるのも仲のいい証拠。怒りのピークが落ち着いたら、本音でぶつかってくれたことに対して「ありがとう」と伝えてみましょう。

「私だからこそいってくれたんだな」という感謝の気持ちを伝えることで、彼氏の頭をクールダウンさせることにもつながりますから、仲直りの近道になります。

3.原因について冷静に話し合う

男性は感情論よりも理論的な話し合いが得意だといわれています。あまり人に共感をするといったことは得意ではありませんから、感情に任せて詰め寄っても男性は困ってしまうことが多いのです。
実際に感情をぶつけても肩透かしを食らっただけだった…という女性は多いのではないでしょうか。

ケンカの真っ最中はお互い感情が高ぶっていますが、感情には任せず、話をまとめるなら理論的に進めていきましょう。
ケンカの原因について、次に同じようなことがあったときにどうすればいいかお互いに膝を突き合わせて話し合うと、自然と気持ちも冷静になって、早く仲直りできますよ。

4.お互いを知る機会だと考える

ケンカはどうしてもネガティブなことであると捉えがちですが、お互いの考え方や価値観がはっきりする良い機会でもあります。

その点を踏まえずに、ケンカの嫌な感情を引きずったままでいると、いつまでたっても前のように仲良しに戻れません。
ですから、ケンカの後には「あなたのことがよりわかってよかった」と彼に伝えてみましょう。彼も悪い気はしないはずですし、同じように考えてくれているかもしれません。

こうして仲直りの意思確認をすれば、前よりもっとラブラブな関係になれますし、今後の対策を考えられるきっかけにもなります。

意地を張らずに冷静になろう

怒っているときはお互いに意地を張って、仲直りのきっかけをつかみづらくなってしまいがちです。そこを冷静になって対処することで、より仲のいいカップルになれることでしょう。(なな/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事