2016.10.14

いただきます!彼がお泊りの翌朝に食べたい「彼女の手作りごはん」

同棲してしまうとありがたみが減るけれど、つきあい始めの頃にふたりで迎える朝ってすごく幸せに感じる時間ですよね。

「彼は洋食派?和食派?」なんてことを考えながらつくった朝ごはんをふたりで一緒に食べると、ぐっと距離が縮まる気がします。

そこで今回は、20代~30代の男性に女子がお泊りの翌日に作ってくれたらキュンとする朝ごはんについてアンケートしてみました。

・きちんと出汁をとったお味噌汁

「朝はやっぱり和食が嬉しいです。出汁がしっかり効いたお味噌汁が出てきたら最高。お味噌汁が上手に作れる子っていいなと思います」(29歳/繊維関係商社)

「若干二日酔い気味の朝にしじみの赤だしが出てきたときは、心をギュッと掴まれました」(30歳/不動産関係)

味噌や具の組み合わせも無限にありますし、家庭によっても味が違うので、相手に合わせたお味噌汁を上手に作るのって案外難しいですよね。そこをサラッとこなしてしまう女子に、男性はキュンときてしまうはず。

ちなみに、女子の中には、彼の出身地や好みの味噌や具をこっそり事前にリサーチして準備しておく上級者女子もいるようですよ。

・焼き立てのパンor白米の炊き方が上手

「炊飯器じゃなくて土鍋でささっと朝ごはんを炊いてくれた子がいて、こんな子と結婚したら毎日幸せだろうなって妄想しちゃいました」(33歳/広告関係)

「彼女はホームベーカリーを使うから簡単なんだと謙遜しますが、焼き立てのパンの香りで目が覚めるのってすごく幸せな気持ちになれます」(26歳/デザイナー)

ホームベーカリーのパンや土鍋の炊飯はコツを覚えればそれほど難しいことではありませんが、料理をしない男性からみるといたく感激してもらえるようです。覚えて損はないかもしれませんね。

・事前に下ごしらえされていた料理

「彼女が朝食に出してくれたフレンチトーストがふわっふわでお店のやつみたいに美味しかったんです。聞いたら前々日からじっくり漬けておいてくれたとか。その心遣いにキュンとしました」(25歳/マスコミ関係)

「漬物が好きだと以前話したら、ぬか床で漬けた自家製のお漬物が出てきたことが。家庭的な子だなとますます惚れましたね」(33歳/金融関係)

せっかくなので「前の日から漬けておいたの」などは工程までさりげなくアピールしたいもの。作るのに時間がかかる、手のかかる料理は、彼への愛情を示すのにピッタリ。その心遣いに心を掴まれる男性も多いようです。

・番外編「自分の手料理を食べてくれると嬉しい」

「女の子のほうが身支度に時間がかかると思うので、朝ごはんは僕が作ります。美味しいって言ってくれると嬉しいですよ」(28歳/製薬業界)

「サンドイッチを作って出してあげたら『美味しい!』っていっぱい褒められたことが。作ってもらえるのも嬉しいですが、自分の料理を美味しそうに食べてくれるのも嬉しいです」(38歳/IT関係自営業)

や、優しい……!最近は料理教室に通って本格的な料理を習うような料理男子も増えており、その背景には「自分の作った料理で喜ばせたい」という願望があるようです。

彼が料理好きだという情報をキャッチしたら、朝ごはんを作ってもらうのもよいですね!

おわりに

お互いに実家だと、彼に料理を振る舞うのは難しいところですが、最近はキッチン設備の充実したレンタル施設などを利用して手料理を楽しむカップルも増えているようです。

一緒に朝ごはんを作ったり、家庭的な姿を見せることで彼が結婚を意識してくれるチャンスも増えるので、試してみても楽しいかもしれませんよ。(上岡史奈/ライター)

(ハウコレ編集部)
(新部宏美/モデル)

関連記事