2016.10.20

はっきり言ってウザいです!男子に嫌がられる女子の「LINE」の特徴

好きな男性との「LINE」はドキドキしますし、すごく嬉しくて楽しいものでもありますよね。

でも、そこで男性が面倒に感じてしまうようなやり取りをすると、一瞬にして嫌われてしまうこともあるでしょう。

そこで今回は、男子に嫌がられる女子の「LINE」の特徴を紹介します。

1.「連続」で送ってくる

「連続でババッと送られてくると、『ちょっと落ち着けよ』って思っちゃいますね」(27歳/男性/不動産)

「こっちが返信できないときに、連続でコメントが入ってるとかなり重く感じちゃいます」(31歳/男性/営業)

相手からまだ返信が来ていないのに、一方的に連続でLINEを送りつける。
男性にこれをやってしまうと、確実にうっとうしいと思われてしまうだけ。
スマホを見たときに連続でたくさんメッセージが来ていたら、圧迫感もかなりあり、重い女性だという印象にもなってしまうでしょう。
「彼女にしたらめんどくさそうだな」なんてことまで思われてもしまうかも。

2.話に「中身」がない

「どうでもいい話を延々と聞かされたりすると、かなりげんなりしちゃいますね」(28歳/男性/出版)

「今日あったことを全て報告とかされても、反応のしようがないというのが本音です」(28歳/男性/IT)

話を盛り上げようとして、色んなことを話そうという気持ちはわかります。
ただ、あまり興味のない、どうでもいい話を長々と聞かされても、男性は反応に困ってしまうだけ。
男性はあまりLINEで世間話をしたりはしないので、「何が言いたくてLINEしてきたんだよ」と思ってしまうでしょう。
せめて相手が興味を持って聞ける話じゃないと、全く会話にも乗り気になってくれませんよ。

3.いつまでも「終わらない」

「いつまでも終わりの見えないLINEほど、苦痛に感じるものはないですね」(31歳/男性/メーカー)

「もう寝たいのにLINEを終わらせてくれないと、怒りすら覚えてしまいますね」(27歳/男性/WEBディレクター)

男性が女性とのLINEで一番困るポイントがコレ!
いつまでも会話を終わらせてくれず、無駄にずっと返信をしてくる。
あまりに長いと、本気で腹も立ってしまうでしょうね。
気になる男性とは少しでも長く話していたいと思うものでしょうが、程ほどにしておかないと、無視や既読スルーをされるようにもなってしまいますよ。

4.「かまってちゃん」すぎる

「かまってちゃん系の女の子とは、うっとうしいからLINEとかしたくないです」(29歳/男性/金融)

「ネガティブな感じのことばかり言ってくる子は、こっちも気分が暗くなるので会話したくないです」(27歳/男性/商社)

心配してもらおうとして、ネガティブなことばかり言ってしまう。
いわゆる「かまってちゃん」は、話を聞いている方も暗い気分になります。
「どうせ私なんて」とか「私はダメだから」なんてLINEを送られてきたら、男性は気が滅入ってしまうだけ。
「そんなことないよ」と言ってほしいんだな…などといちいち探る必要があるので、相手をしているだけでドッと疲れてしまうでしょう。

おわりに

「LINE」はふたりの距離を急速に縮めてくれるものでもあるでしょうが、下手をすると嫌われてしまう危険性もあります。自分の思いばかりではなく、相手の気持ちも考えることを忘れないようにすることが一番大事なポイントですよ。 (山田周平/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事