2016.10.26

彼氏がほしいのに、なかなかできない女性に共通する原因・4つ

友達に恋人ができたり、街角ですれ違うカップルを見かけたりすると、「私も彼氏ほしいな~」と憧れてしまいますよね。

友達に紹介してもらったり、合コンや街コンといった場所に足を運んだりしながら、積極的に出会いを探している女性は多いと思います。

でも、そう簡単に運命の人に出会えることはありません。なかなか素敵な出会いがないまま、日にちばかりが経ってしまっている女性もいるのでは。

その原因は、いったいどこにあるのでしょうか。今回は彼氏がなかなかできない女性の共通点をリサーチしてみました。

1.条件が厳しい

「選り好みが激しいとか?私も20代前半の頃は、イケメンで男らしい人がタイプだったから、そういう男性しか目がいかなかった。でも、タイプがこれ!って決まっていると、それ以外の男性が、異性として見づらいんですよね……」(25歳/女性/販売)

条件が厳しいと、そのタイプに当てはまる異性を見つけるのは難しそうです。たとえば納得できるほどのイケメンと出会える確率はほんのひと握りでしょうし、さらにはそこから自分と性格や価値観が一致している人を見つけるのは至難の業です。

相手と両想いになれる確率も考えると、恋人がなかなかできないのも無理はないのかも。
せめて、「こういう人と付き合いたい!」といった希望から「最低こういう人ならいいかなあ」といった譲れない条件にシフト変換できると、恋人候補を見つけやすくなるかもしれません。

2.休日は家から出ない

「ネットが普及してから、部屋でも楽しめる娯楽が増えたと思う。刺激を感じるためにも、積極的に外に出たほうがいいですよ!」(23歳/男性/大学院生)

身近にいい出会いがないなら、自分から積極的に探さなければ、いつまで経っても彼氏はできぬままでしょう。

仕事疲れが溜まっていて休日は決まって寝だめ。そんな女性は多いかもしれませんが、たまの休みくらいは友達と遊んだり、買い物に出かけたりと、外に出ることを意識してみて。人との接触が刺激になり、恋愛に対するモチベーションはいい意味でアップするでしょう。

3.いつも同じ友達と遊んでいる

「恋愛にあまり興味ない人とつるんでいると、自分もその雰囲気に飲みこまれるから気を付けたほうがいい」(22歳/男性/大学生)

ふだん決まった人と遊ぶことが多いなら、たまには違った友達と遊んでみては。いつも同じ人とつるんでいては、自分の恋愛観や生活リズムが変わらず、いつまでも彼氏ができないままでしょう。

人によって恋愛観はさまざま。友達の恋愛話に刺激を受けて、いまちょっと気になっている人と連絡を取りたくなるかもしれませんし、「こういった出会い方もアリかもしれない」と、恋愛観に変化が出てくる可能性も。

4.出会いを求めることに必死になっている

「恋愛ってムリしてするものではないと思うから、いい出会いがないなら仕事とか、プライベートを充実させたほうが、フラッといい相手って見つかるんじゃないかな」(24歳/女性/サービス)

いい出会いというのは、恋愛以外に夢中になっているときに見つかるものだといいます。出会いに必死になっていると、気持ちがいっぱいいっぱいになってしまって、相手にもそれが伝わってしまいます。心に余裕があるほうが、いい恋愛もできるので、ちょっと肩の力を抜いて、恋愛以外の時間も楽しんでみてください。

おわりに

彼氏ができないのは、もしかしたらこうした原因があるのかもしれません。心当たりがあれば、ちょっと習慣を見直してみると彼氏ができる確率がもっとアップすると思いますよ。(柚木深つばさ/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事