2016.10.27

マジで話す気なくなるわ~!男に嫌がられてしまう女子の「会話」の特徴

会話をしていて楽しい相手とは、もっと話したいと思うものですし、相性が良いとも感じるものです。

逆に、会話をしていて男性を嫌な気分にさせてしまうと、恋愛への発展も難しくなってしまうでしょう。

そこで今回は、男に嫌がられてしまう女子の「会話」の特徴を紹介します。

1.「最後」まで聞かない

「こっちの話をちゃんと聞かずに、腰を折ってばかりくる子には、イライラしちゃいます」(29歳/男性/イベント関係)

「最後まで話を聞いてくれない女性とは、楽しい会話なんてできるわけないですね」(31歳/男性/IT)

人の話をちゃんと最後まで聞かず、話の腰を折ってばかりいる女性。
こういったタイプの女性は意外と多くいます。
悪気はないのかもしれませんが、話しているほうからすると、これはかなり腹が立ってしまう行為かも。

特に、男性が仕事の話やちょっと自慢っぽい話をしているときは、しっかりと聞いてあげないと、間違いなく嫌われてしまうでしょう。

2.「自分の話」に持っていく

「何の話をしていても、最終的に自分の話に持っていく女性には、心底うんざりします」(28歳/男性/マスコミ)

「自分のことばかり話したがる女性は面倒なので、あまり近づかないようにしています」(32歳/男性/飲食)

いつでも自分の話ばかりをする女性とは、会話をしていても楽しくないし、聞くのもうっとうしくなってきてしまう。

しかも、人の話をさえぎってまで自分の話に持っていかれたりしたら、ただの“自己チュー女”という印象にしかならないでしょう。
そもそもこちらの話を聞く気は全くないことも伝わってくるので、あなたとは話したくないと逃げ出す男性だって出てきてしまうかも。

3.勝手に「要約」してくる

「僕が話したことを、偉そうに要約されたりすると、小馬鹿にされたような気分になります」(31歳/男性/営業)

「こっちの話を勝手にまとめられたりすると、なんかすごくイライラしますね」(27歳/男性/アパレル)

男性はプライドが高い人も多いですし、特に女性に対しては、尊敬されたり上に見られたいと感じていることもあるでしょう。
自分が話した後に、「要するにさ」とか「わかりやすく言うと」なんて女性に言われたら、プライドはボロボロ。

「その話、わかりにくいから要約してあげるね」と言われているようで、馬鹿にされたようにも感じますよ。
そんなふうにしていると、男性から嫌がられてしまうのもうなずけます。

4.「否定」から入ることが多い

「こっちの話を頭ごなしに否定されると、人間性まで否定されているような気分になる」(29歳/男性/建築)

「否定から入ることしかできない女性とは、あまり関わらないようにしています」(32歳/男性/商社)

全てを肯定しろとは言いませんが、何でも否定をされたら、かなり気分が悪いでしょう。
「それは違うね」とか「そうじゃないよ」なんて頭ごなしに言ってばかりいると、あなたと話したいと感じてくれる男性はいなくなってしまうかも。

否定から入るのではなく、まずは話を聞いてあげて、「私はこう思うんだけど、どうかな?」といった感じで話してあげないと、敵ばかりが増えてしまいますよ。

おわりに

コミュニケーションは男女関係において、最も重要なものであると言えます。会話を楽しめない人とは、もちろん付き合うことなんてできませんし、そもそもデートをしたいとも思ってもらえませんよ。 (山田周平/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事