2010.01.19

一度は行ってみたい!横田基地に入る方法

日本の中にありながら、アメリカの領土となっている横田基地(正式名称:横田飛行場)。
そんなちょっとおかしく、軍事基地という怖い場所なのですが、中がどうなっているのか気になるのもまた人情です。

横田基地の職員の知り合いに招いてもらう

結構レアケースであるとは思いますが、横田基地の内部に関係している人が知り合いにいればその人の紹介で中に入ることができます。ですが、いくら職員の紹介とはいえ、セキュリティ上の問題もあるため、色々な検査などが必要です。

マラソンに出る

何でマラソン? と思うかもしれませんが、これもちゃんとした手段の一つです。1月に行われる「フロストバイトマラソン」というものがあったり、6月に駅伝があったりします。それのコースが横田基地の中なので入れる、というわけです。まぁ、レースに参加するのですからゆっくり見学、なんてことはできないんですけどね。

桜の日に行く

桜の開花に合わせて決められるというすごくアバウトな日程なのですが、その日は一部の区間限定で解放されます。普段とは違う場所で桜を見ながら散歩をするというのも風流でいいのかもしれません。

友好祭に行く

こちらはさらにアバウトな日程で、6月から9月の間の土日に行われます。2日間の短い間ですが戦闘機の展示が行われていたり、ステージではバンドのライブが行われていたりと、イベントが盛りだくさんで一般開放のイベントの中で規模は最大級です。来客数は大体10万人前後とあまり宣伝されていない割にはかなりの来客数を誇っています。テロがあったりすれば話は別ですが、セキュリティチェックもあまり厳しくありません。

ちなみに駐車場は用意されていないので、もし来場されるときは電車など公共交通機関を使うことをお勧めします。あと、土曜の方がすいているので、人混みが苦手な方は土曜に行った方がいいでしょう。

 

最後に

返還問題やアメリカ軍への思いやり予算など、政治的な問題をたくさん持っている横田基地ですが、このような一般公開の際に行ってみると何か見方が変わるかもしれません。東京駅から1時間と意外とアクセスはいいので一度は行ってみてはいかがでしょうか?

友好祭についてのサイト(2009年度のものです)
http://www.fusakanko.jp/pb0202.html

横田基地の職員のサイト
http://www.geocities.co.jp/rhpqq324/

関連記事