2016.11.07

もうこの子とは無理かも…男が彼女に対して「限界を感じてしまう」瞬間

付き合いが長くなってくれば、恋人に嫌気がさしてしまうようなこともあるでしょう。 

その回数が増えすぎてしまうと、「もう一緒にいるのは無理だ」という気持ちだって芽生えてしまいかねません。

そこで今回は、男が彼女に対して「限界を感じてしまう」瞬間を紹介します。

1.なかなか「怒り」が冷めないとき

「一度怒ると手がつけられなくなる女性には、さすがにうんざりしちゃいますね」(27歳/男性/自営業)

「怒った後に、いつまでもずっとムッとした顔をされると、それだけでこっちも疲れ果てちゃいます」(26歳/男性/出版)

いつもなにかに怒ってばかり。
そういった女性とは、一緒にいるだけで男性は疲れてしまいますし、げんなりもしてしまうでしょう。
いつまでもムスッとしていたら、「もうこの子はいいや」なんて気持ちにだってなってしまうかもしれませんよ。

2.「ため息」ばかりついているとき

「一緒にいるときに、ため息ばっかりつかれると、ものすごく気分が悪くなりますね」(31歳/男性/販売)

「ふたりでいるときにつまらなそうな顔をされると、もう終わりかもと感じますね」(28歳/男性/イベント制作)

「ため息」は、一気に周りの空気も暗くさせてしまいます。
一緒にいるときに彼女がため息ばかりをついていたら、「俺といるのが嫌なのかな?」と、彼氏も思わずにはいられないでしょう。
ふたりの時間を楽しく過ごせなくなったら、誰だって「別れ」を考え始めるもの。
ため息はまさにそんな気持ちにさせてしまうものですよ。

3.「自由」が全くないと感じたとき

「常に一緒にいなければいけないような関係性は、僕には絶対に無理ですね」(30歳/男性/WEBディレクター)

「お互いに自由な時間を持てないような恋愛は、長続きすることはないでしょうね」(28歳/男性/メーカー)

好きな人とは常に一緒にいたいという気持ちはわかります。
でも、本当にいつも一緒にいようとなどしたら、彼氏は息苦しさを感じてしまうだけでしょう。
適度に「自由な時間」もないと、逃げ出してしまう可能性もあります。
束縛感の強い彼女には、男性はすぐに「限界」を感じ始めるものですよ。

4.「信頼関係」が崩れたとき

「ウソをつかれているのがわかったときは、別れが頭をよぎってしまいますね」(29歳/男性/公務員)

「疑われてばかりいると、信頼されていないことがわかるので、こっちも一緒にいたくなくなります」(30歳/男性/自営業)

「信頼関係」が築けない恋愛は、絶対に長続きはしません。
彼女にウソをつかれることが何度もあったりしたら、何も信用などできなくなるでしょう。
また、悪いことは何もしていないのに疑われたら、男性も気分が悪くなってしまうだけ。
心配なのはわかりますが、浮気を疑ってばかりいたら、「もうやっていけないな」なんて気持ちにもなってしまいますよ。

おわりに

恋人に「限界」を感じてしまったら、あとはそのまま破局へと向かっていってしまうだけでしょう。そうなってしまう前に、ふだんの行動を改めることは、恋を長続きさせるためにもかなり重要ですよ。 (山田周平/ライター)

(ハウコレ編集部)
(藤田富/モデル)
(柳内良仁/カメラマン)

関連記事