2016.11.10

3秒で誰でもつくれる!男性が思わず「付き合いてぇ!」と思う雰囲気美人の作り方

いつの時代も、男性は美人が好きなもの。「もっと美人だったら、恋も楽勝だったのになぁ…」なんて思っていませんか?実は男性は、細かいところよりもざっくりとした「雰囲気美人」に弱いので、鼻が低かったり目が小さかったりといった些細なことで悩む必要はありません。

そこでここでは、男性が思わず「こんないい女と付き合いてぇ!」と思うような、雰囲気美人の作り方をご紹介します。次の3つがそろっていれば、誰でも簡単につくれるので、ぜひ試してみてくださいね。

1.背筋を伸ばして顎を引く

テレビで見るタレントさんやモデルさんは、みんな背筋がまっすぐで姿勢が美しいもの。姿勢がいいだけで、凛と美しく見えますよね。反対に、猫背がちだったり、スマホを見続けてうつむいたりしている姿は、だらしなく見えてしまいがち。食事やデスクワークのときにも、美しい姿勢を心がけることで「ほかの人とは違うな、キレイだな」と思われる雰囲気美人をつくることができます。姿勢をよくするときは、顎をあげずに引くこともポイント。顎をあげるとドヤ顔になってしまうので注意してくださいね。

姿勢を正しく保つには、日ごろから意識することが大切。最近では、姿勢をよくする骨盤アイテムが売られているので、使ってみるのもいいでしょう。これだけで、いつもより4割増しで美人になれます。

2.髪の毛をサイドに寄せる

特にロングヘアの女性にお勧めなのが、髪の毛をサイドに寄せること。これは、美人な女性がよくやるヘアスタイルです。サイドに寄せることで片側がすっきりし、首筋やうなじが見えるのでとってもセクシー。女性の首は男性と比べて細いので、女らしさをアピールできます。

さらに、サイドに寄せた紙を少しだけ揺らして、首をかしげ「なぁに?」「どうしたの?」なんて話を聞けば、キレイなお姉さんのできあがり。これであなたも「いい女」です!

3.話し方や動作をいつもよりゆっくりにする

話すスピードが速かったり、セカセカしたりしていると、どうしても相手を責めているように見られてしまいます。「雰囲気美人」になるためには、余裕をもつことが大切。そのためにも、ゆったりとした話し方や動作を意識するようにしましょう。いつもより丁寧に食器を持ってみたり、ひとつひとつの単語を意識して口に出すだけでも、全然変わりますよ。

素敵な話し方は、男性受けだけでなく、社会で生活するうえでも役立つので、繰り返して自分のものにしちゃってくださいね。

おわりに

いかがでしょうか?試しに今、鏡の前で3つのポイントを実践してみてください。いつもの自分とは違う、大人な「いい女」になっている気がしませんか?

アイラインを1ミリ伸ばしたり、ファンデーションを変えたり…といった細かな美人づくりも大事ですが、しぐさや動作などの「雰囲気」で美人に見える習慣を身に付けておくことはもっと重要。歳を重ねるごとに美しさに磨きがかかっていくので、今のうちから身につけておくといいですね。(小林リズム/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事