2016.11.11

カレをドキッとさせる!合コンや飲み会で使える男ウケのいい下ネタ集

合コンや飲み会で、ちょっぴり気になる男性を発見!せっかくのお酒の場ですから、楽しく盛り上がったほうがいいですよね。場の空気を壊さず、みんなで楽しめる話題といえば、やっぱり下ネタ。とはいえ、下品な女だとは思われたくないですよね。そこで今回は、男ウケのいい下ネタをご紹介します。

■初体験の話

「何歳だったのか」「どんな相手だったのか」といった初体験の話は、相手のことを深く知るチャンスでもあります。自分のエピソードを話すときは、あまり重たくならず、笑い話になるようにするといいでしょう。「まだ未経験です」なんて言うのもかわいらしくてアリかも。どちらにしても、ちょっと恥ずかしそうに話すほうが男ウケします。

■経験人数の話

初体験エピソードからの経験人数の話、というのも自然な流れですねですね。明らかに下半身が軽そうな人が分かる可能性もありますから、ここでしっかり見極めましょう。もちろん、自分の経験人数が一般的な数よりも多いという人は、ちょっと少なめに言うようにしてくださいね。

もしちょっと変わった元カレの話や失敗エピソードがある人は、ここで軽く話しておくのもおすすめです。ただしこちらも、初体験エピソード同様にちょっと焦らしながら、恥ずかしそうに話すようにしましょう。

■何フェチ?

「ねぇねぇ、何フェチ?」これは男女問わず盛り上がる話題のひとつです。そこまで下品な話には発展しませんし、相手の好みを自然と聞き出すこともできます。気になる相手の好みがわかれば、今後の進展にも活用できそうですね。自分が話すときは、気になっている男性の特徴的な部分を「フェチ」として話せば、「もしかして…?」とカレをドキッとさせることもできるかもしれません。

■感じる場所の話

軽めの下ネタで盛り上がってきたら、次はもう少し露骨にエッチな話題を出してみましょう。自分のちょっと変わった性感帯や、異性にされると弱いスキンシップの話は男性陣の妄想力をフル回転させるでしょう。

さらに盛り上がってきたら、好きな体位の話もおすすめです。ただし、こういう話題は周りのお客さんに聞かれると少し恥ずかしいので、個室での合コンや飲み会のときだけにしておきましょう。

■下ネタはお酒が入ってから!

下ネタは、男性との会話を広げるきっかけになるはず。ただし、使うタイミングが大切です。飲み会の後半、お酒がしっかり入ってきてから話題にするようにしてくださいね。(miomio/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事