2016.11.12

インスタ映えする写真テク!「ここ一番のカップル写真」に仕上げる方法

彼との思い出を残しておける“ツーショット写真“。ここ一番という記念の日には、写真映えするような撮り方をしたいですよね。今回は写真が絶対にキマるおしゃれなカップルポーズを6つご紹介したいと思います。どれも簡単に実践できますので、ぜひチャレンジしてみて!

1.ふたりの足元をメインにしよう


ツーショット写真を撮るとき、普通はふたりの顔をメインに撮影しますよね。ですが、あえて写真の主役をふたりの足元にすると、とても素敵ですよ。ふたりで足をそろえて並べば、仲の良い雰囲気を演出することができます。同じスニーカーを履いたり、コーディネートをそろえたりすると、もっと仲良し感が演出できて良いですよ!

2.影を使ってキスショット


キスしている真っ最中ってふたりが一番ラブラブな瞬間ですよね。だけど、そのシーンを直接写すのはちょっと恥ずかしい!という方は、ふたりのキスのシルエットを撮影してみましょう。影なら実際にキスをしていなくても撮れるので、お手軽ですよ。キスと合わせて手をつないだり、ふたりでハートマークを作ったりポーズを決めてみるのもいいですね!

3.スマホとデジカメのあわせ技


スマホで撮った写真はふたりにピントが合うように撮影し、デジカメはスマホにピントが合うように撮影します。そうすると、スマホ画面の中にふたりが吸い込まれてしまったようなおしゃれな1枚に仕上がるのです。
ふたりだけでデジカメもスマホも持って…となると難しいかもしれませんから、先にスマホでふたりのツーショットを撮影し、その画像を表示したスマホをデシカメで撮影してもおしゃれですよ。
また、画像のようにお互いに撮り合ってもよいですね

4.ごろんとゆだねポーズ


ドライブデートやピクニックなど自然のある場所に行った際はぜひチャレンジしてほしいショット。彼の方にもたれかかるように寝そべって、ラブラブ感が伝わる写真を撮っちゃいましょう。草むらに寝そべれば、背景が鮮やかな緑になるのでなんとものどかな雰囲気に仕上がりますよ。

5.逆光でシルエットを強調しよう


逆光になってしまうと「顔が写らずうまく撮れなかった…」と悲しくなるところですが、ものは活かしようです。顔がうまく写らない逆光を利用してふたりの思い出のショットを撮りましょう。ふたりのシルエットが光に照らされて、洗練された印象の写真に仕上がります。太陽光が直接かぶるところだけ明るくシルエットが飛ぶので、太陽がどこに写るように撮るかで、写真の仕上がりが大きく変わりますよ。

6.同じポーズで何気ない日常を

後で良い思い出にするには、何気ない日常のシーンも撮っておきましょう。たとえば、お家デートをした際にはふたりのイチャイチャシーンを収めて!おそろいのパジャマなどに着替えれば、甘いポーズも取りやすいですね。
家でおしゃれに撮るポイントは生活感を出さないこと。ベッドの上など自分たち以外のものが写る要素のない場所を選ぶのがポイントです。

ひと工夫して脱マンネリしよう

太陽の光を使ったり、ふたりの一部だけを写したりするだけでおしゃれフォト度が上がりますね。ツーショットでマンネリ化しないためにも、いろんなポーズを撮って素敵な写真を増やしましょう! (manakko/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事