2016.11.15

モテるがアダに…?!本命にだけ玉砕しちゃう「恋愛モッタイナイ女子」の特徴

意中じゃないとはいえ、好いてくれる人がいるなんて羨ましいことに思えますよね。でもやっぱり恋愛の最大の幸せは、好きな人に振り向いてもらって「両想い」になること!
せっかくモテるのに、肝心の本命の相手とは上手くいかない!この原因はいったいどこにあるのでしょう?

今回は10~20代の男子に、モテるのに本命から好かれない女子の特徴についてうかがってきました。

・「高嶺の花」感がある

「モテる子って高嶺の花な気がして、なかなかアプローチできないんだよね。やっぱり男も下手に近づいて玉砕するの嫌だからさ、好きになるのも遠慮しちゃう。そりゃ彼女にできたら最高だけど、現実離れしてるみたいに思えて一歩引いてしまう…。」(20歳/大学生)

男子の草食化が叫ばれて10年が過ぎようとしている今、もはや高嶺の花である女子をゲットしにいくような勇者は存在しないのかもしれません。諦めのよすぎる彼に対しては、こちらがハードルを下げるしかないようです。

親しみやすい雰囲気を作ったり、ちょっと抜けてるところ見せたりして、完璧女子じゃないことをアピールし、彼のやる気スイッチをオンにしましょう。

・「みんなのもの」的存在になっている

「仲間の中で『あいつイイよなー!』ってなると、好きよりも憧れが強くなって恋愛対象じゃなくなっちゃう。アイドルを応援するファンみたいな。好きは好きなんだけどみんなでその子の話をするだけで満足しちゃって、付き合うとか考えなくなっちゃうんだよね。」(18歳/大学生)

恋って、周りが気付かない相手の魅力に自分だけが気付くことでより盛り上がったりするものなんです。だから皆があまりにもイイ!なんて言うと、「好き」から「憧れ」に気持ちが切り替わってしまうのでしょう。
ですから、彼にだけ見せる一面をつくってみて!
「彼女のココは俺しかしらない!」と彼が思えたら、きっとただのファンから脱却してくれると思いますよ。

・「私モテます」オーラが強い

「ちょっと可愛かったり、男にちやほやされてる子って“私モテます”オーラがきついじゃん。その自信ガッツリある感じが俺は苦手。『私、全然男っ気なくて…。』なんて言いながら本当はめっちゃモテてるみたいな自分のモテに無自覚な子が好き!」(23歳/大学院生)

ハッキリ言って、モテるのに無自覚なんていう子はいないはず!だからモテます!って雰囲気を出してる子の方が腹黒くなくてイイんじゃないかと個人的には思いますが…。
でも、男子は“好かれてるなんて気付かなかったぁ”なんて言う女子に騙されちゃうものなんです。ここは謙虚っぽく、天然っぽくいきましょう。

・男友達が多い

「モテる子って男の取り巻きを従えてるイメージで引いちゃう。付き合ったりなんかしたら、色んな男友達のアレコレで悩まされそうでイヤだ。彼女にするなら女友達が8割!いや、本当は10割(笑)!みたいな、男子と無縁な子がイイな。」(19歳/学生)

モテる女子は、嫉妬からか同性には敬遠されがち。だから周りが男友達ばかりになっちゃっても仕方ないんですよね。
でも、周囲が男子ばかりだと、好きな人の胸はざわついてしまうかも。
せっかくのお友達なのでもちろん縁を切る必要はありませんが、意中の相手の前では男友達を匂わせる言動は避けた方が無難でしょう。

最後に

モテるがゆえに本命が引いてしまう…そんな切なすぎることが恋愛ではよくあるようです。
となると、高嶺の花に近づけない彼のために、親しみやすいキャラになってみるなど様々な工夫が必要かもしれません。元々モテるのですから、彼を意識して行動を改めれば落ちるのも時間の問題!応援しています。(城山ちょこ/ライター)

(ハウコレ編集部)
(横田彩夏/モデル)
(柳内良仁/カメラマン)

関連記事