2016.11.17

アプローチも適度に!「軽い女だと思われないガードの緩め方」

こんにちは、コラムニストの愛子です!

早く関係を進展させたい、じれったくて待っていられない、そんなときってありませんか?好きな人が奥手な場合、女の子が少しガードを緩めてあげないと先に進まないことってありますよね。だからと言って好きな人に軽く見られるのはイヤだろうと思います……。

そこで今回は、「俺ならイケそうと思わせつつ、軽い子だとは感じさせないガードの緩め方」について、男性の意見を聞いてきました。

1.男性の仕事に興味を示す

「俺のことに興味を持ってくれると、俺のこと好きなのかな?って単純に思うよね。特に仕事に関してだったら軽そうには思わない。しっかりしている子なんだろうなって思う」(29歳/保険会社)

男性にとって、自分の仕事に興味を持たれたり褒められたりすることは特別なことだそうです。趣味や恋愛などに関して聞かれるよりも、自尊心をくすぐられるのだと
か。

好きな人と話すときは、仕事についてたくさん質問してみたり、尊敬の気持ちを伝えてみたりするといいかもしれませんね。そうすることで、決して軽いとは思われず、好きな気持ちをアピールできるはずです。自分のことに興味を持ってくれている女の子なら、男性も誘いやすいと感じるのではないでしょうか。

2.目が合ったときに笑う

「目が合ったときに笑ってくれると、好かれているのかなって感じるし誘いやすい。それくらいなら、感じがいい子だなとは思うけど軽そうには見えない」(26歳/飲食関係)

目が合ったときに微笑まれると、多くの男性がもしかして俺のこと好きかも?と感じるそう。これくらいなら軽く見られる心配もないので、チャレンジしやすいのではないでしょうか。
目が合うとつい恥ずかしくて目を逸らしてしまいそうになるかもしれませんが、それってすごく損です!ニッコリ微笑まれてイヤな気分になる人はいないはず。効果絶大なニッコリ作戦、ぜひ心がけてみてください。

3.男性がコンプレックスに感じていることを褒める

「自分がコンプレックスに感じていることを、ニコニコしながら私はそういうとこ好きだよ、とか言われたら、自信を持って誘える。そんなふうに言ってくれる子を軽いと思ったりはしない」(27歳/DJ)

自分がコンプレックスに感じている部分を好きだと言われたり、褒められたりすると自信が持てますよね。特に男性は、自分のプライドが傷つく恐れがない相手だと分かると安心して女の子を誘えるそうです。

もし好きな人がポロッと「俺自分の〇〇なとこがイヤなんだよね」なんてこぼしたら大チャンス。「えー、私は好きだけどな」とすかさず返してください。ただ、カレが何も話していないのに、こちらから指摘すると逆にコンプレックスを刺激してしまう可能性もあるので注意が必要です。

4.会う度にオシャレになっていく

「1回目より2回目、2回目より3回目って、会う度にオシャレに気合いを入れているのを見ると、俺のこと意識しているのかなって感じるし、付き合えそうだなって思う。露出が激しくなければ軽そうだとは思わない」(22歳/学生)

こちらは意識しなくても、好きな人と会うときに女の子が自然にやっていることかもしれませんね。また、ただオシャレなだけでなく、ボディラインがはっきりしているもの、フワフワした素材のものなど、女性らしさを強調するファッションであれば、俺に気があるのかも?と感じやすいそうです。ただしコメントにもある通り、露出が激しいと軽く見られがちなので気を付けてください。

おわりに

ボディタッチのような王道テクでも、自分だけにしてくれるなら軽いとは思わないという意見もありました。何ごとも使うなら多用は禁物。軽く見せずにガードを緩める1番のポイントは、相手を特別扱いすることなのではないでしょうか?(愛子/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事