2016.11.27

人間カイロだっ!冬の日デートでやりたい「かわいすぎるくっつき方」5つ

「こ~ご~えそうなきせ~つにき~みは愛をどうこうゆうの~? そんなんど~だっていいからふゆ~のせいに~して暖め合おう~♪」

毎年寒くなってくると、脳内でこの曲がリフレインします。
みなさんこの曲知ってますよね?
ちゃんと毎年寒くなってくると、脳内でこの曲がリフレインしますよね?

さて、寒いですね。

寒いと外に出るのがいやになりますが、当然デートは別です。
むしろ、寒けりゃ寒いほどくっつく口実になりますから、ロシアになれって感じですよね。
そんなわけで今回は、10代のきゃわわでピチチな女子50人に「冬の日デートでやるカレとのくっつき方」を伝授してもらいましたよ!

1.カレのポケットに手

「歩くときは常にカレのポケットの中で手をつないでます」(16歳/高校生)

これは鉄板ですね。温かいし、カレに守られてる感も感じられます。
それにポケットの中で手をつないでいると、なんとなくふたりだけの秘密を共有している気分になりませんか?
見た目も仲の良いカップルって感じに見えるので、人前でも堂々とできますね。歩いているときだけでなく、初詣や年末セールなど長蛇の列に並んでるときにもオススメのスタイルです。

2.フードに手

「私はカレに抱きついたときにフードに手を入れて温まってますね。裏地モコモコのフードとカレの背中の体温で結構あったかいんですよ」(17歳/高校生)

これはややハードルが高いですが、めっちゃかわいいですね。
これにはまずカレがフード付きの服を着ていることが前提ですが、今年はMA-1が流行ってるからどうかなあ……。もしカレがデートにフード付きのアウターを着てきたら、心の中でガッツポーズをしてチャンスを狙いましょう。

3.カレの手と一緒にスリスリ

「カレの手をはさんで一緒にすりすりしてあげます。カレは末端冷え性なので指先が冷たいんです」(19歳/カフェ店員)

優しくて健気な女の子って感じですね。めんこいのう。こんなことされたら、女の私でも全力で体を張って寒風から守ってあげたくなっちゃいます(笑)。

4.カレの手を包んでハーってしてあげる

「カレの手を両手で包んで、ハーって息で温めてあげます。ちょっと恥ずかしいけど」(15歳/中学生)

おおお~。「彼女の吐く白い息が! 僕の手に!」と、これで興奮しない男子など果たしているのだろうか、いや、いない。反語です。
なんか韓流ドラマで見たことあるようなしぐさですが、現実ではあまりやってる人見かけないですね。けど、男子にはかえってこういうベタなロマンチック設定が効くのかもしれません。お試しあれ。

5.カレのお腹に直に触る

「カレの服に手を入れて、お腹を直に触っちゃいます。カレはやめて~って言ってるけど笑ってます」(18歳/高校生)

これはカレに温めてもらう方法ですね。
いきなりで当然冷たいでしょうけど、カレはきっとそれ以上にゾクゾクっとするはず。
突然やったら怒られちゃうかもですが、予告してやったらちょっとエロいから許してくれるんじゃないでしょうか(笑)。逆にやり返されちゃうかもしれませんけどね。そしてカレの手はきっとそのまま、もぞもぞと……。

おわりに

どれもこれもかわいすぎるくっつき方でしたね。
こういうのは、やっぱり若い子のほうが上手ですね(泣)。
甘え仕草は、若い子に学ぶのが鉄則です。寒い冬の日でもカレとくっついてれば心も体もあったまります。これらの方法を参考にカレとの密着度を高めてくださいね。(遣水あかり/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事