2016.12.02

恋愛対象外!男子が「だらしない…」と女子にドン引きする瞬間・4選

出会いはあっても、そこから恋が進展しなければ意味がないですよね。
良いなと思う人がいても、なかなか食事に誘われずにガッカリしている女性もいるのではないでしょうか?

「どうせ私は美人じゃないし…」なんて思いこんでいても、現状はちっとも変わりません。確かに、人は見た目が9割と言いますが、その9割は顔の造形のよしあしよりも、「清潔感があるかどうか」を見られている可能性が高いのです。そこで、思わず男性が女性に対して「だらしない…!」とドン引きしてしまう4つの瞬間についてご紹介します。

1.服に毛玉がついている

▽「合コンであった可愛い女の子の服が毛玉だらけだった。いいなと思っていたけど、だらしなさそうに見えて一瞬で冷めた」(20代/学生)

どんなにヘアメイクをしっかりしても、服に汚れがあったら台無しに…。特にこれからの季節に気をつけたいのが、セーター、カーディガンなどの毛玉です。久しぶりに着るときは事前に毛玉がついていないかよく確認しましょう。また、自分が思っている以上にコートの袖口の汚れも目立ちます。「これくらいいっか」なんて妥協せず、小さなシミでもきちんととるようにするのが◎ もちろん、タイツの毛玉やタイツに穴があいているのもNGです。

2.ヒールが傷ついている

▽「きれいな脚をしている女の先輩のヒールがボロボロだったとき。憧れの女性から一気にだらしない女にイメージが変わった」(20代/メーカー)

ハイヒールで軽快に歩く女性の姿に憧れている男性は多いもの。しかしそんなヒールの部分がボロボロだったら…一気にガッカリしてしまいます。脚が長くてもキレイでも、ヒールが傷ついたまま使っていてはだらしなく見えます。特に、中の金属部分が出てきて足音がうるさい…なんてことがないよう要注意!
最近ではスニーカーを履く女性も多いですが、ヒールと同様にスニーカーが汚いのもダメです。特にトレンドの白いスニーカーは汚れが目立ちます。靴ヒモなど入念にチェックしましょう。真のオシャレは足元からです!

3.鞄の中身がぐちゃぐちゃ

▽「いい感じだった女の子とデート中、パスモを探しているときの女の子の鞄の中が汚すぎて引いた。部屋も汚そうだなって思ってそれから誘ってない」(30代/商社)

意外と見られているのが、鞄の中身。特にデート中は要注意です。大きめの鞄だと、中がぐちゃぐちゃになりやすい傾向があります。ハンカチがしわしわなのも言語道断!鞄が大きすぎると「家出!?」なんて思われかねないので、デートなら小さめ鞄を選ぶのが◎ また、鞄を地面に置いたり机に置いたりするのを好まない男性は多いので、座っているときは膝の上、家についたら鞄をしまっているスペースに置くなど気を使うようにしましょう。

4.使用済みのマスクを放置

▽「会社の同僚の女の子が数日前に使ったマスクを机に放置していたとき。マスクに化粧がべったりついていて引いた」(20代/広告)

風邪をひきやすい秋冬にはマスク使用率がぐんとアップしますよね。マスクは使った後、すぐに捨てていますか?同じマスクを何度も使うのは汚いので避けましょう。また、使用済みのマスクを放っておくのは「だらしない」とドン引かれる原因になります。マスクにはファンデや口紅もつきやすいので、気をつけましょう。

■まとめ

小さなことですが、気をつけていないと恥の基準がどんどん人とズレていきます。鞄のなかみを整理して、服の毛玉をとり、傷ついたヒールは修理に出すこと。今日から始められることばかりなので、気づいた人は今からすぐに生活習慣を変えていきましょう。(小林リズム/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事