2016.12.06

失恋してなにも身に入らない女子へ…鉄板の立ち直り方10選!

失恋したとき、この世の終わりのようなどん底の人生だと思いたくなるような気持ちですよね。ですが、誰でも失恋を経験してこそ素敵な運命をつかめるもの!過去の恋は早く忘れて、次の恋愛に向かいましょう。失恋を引きずっているあなたを開放する10の行動をお教えします!

1.仕事に励む

何かに集中していると案外気持ちが薄れるもの。特に、やらなければならないことが多い「仕事」は、彼を忘れるためにはうってつけです。周りの同僚や上司に囲まれて忙しく過ごせば、くよくよする時間なんて自然となくなるはずですよ。

2.習い事をする

仕事と同じように、何か没頭できることを見つけてぽかんと開いた穴を埋めましょう。今までやってきた習い事でもいいですし、始めてチャレンジする習い事でもOK。今まで恋愛に注いでいた大きなエネルギーを、違うところに注いでみると自然と自分に自信がつくものです。

3.カラオケで叫べ!

心に溜まった悲しい気持ちやマイナス思考を身体から解き放ちましょう!カラオケで感情を思いっきりこめて熱唱すると良いストレス発散になりますよ。友人と一緒でもひとりでも、その時の気分で楽しみましょう。大声を出せば効果はバツグンです。

4.友人と反省会

誰かに話を聞いてもらうことも良いでしょう。失恋したばかりのときは、その傷を抱えこんでしまって悪い方へ考えが流れてしまいやすいもの。何が原因だったのか、ポジティブな解決策を考えるには、客観的にアドバイスしてもらうことが一番です。

5.傷心旅行をする

“傷心旅行“といように、心を癒すなら旅をするのがお決まりです。近場で見慣れない場所に行くのもいいし、奮発して長期旅行に行っても◎。今まで気づかなかった景色を見れば不思議と気分も晴れますし、旅先で素敵な出会いに巡り合えるかもしれません。

6.身辺を一新させてみる

服装を変えてみたり、髪型を変えたりすると、心もリフレッシュされたように感じて過去の悲しみも薄れるでしょう。部屋の模様替えなどをしてみるのも良いですね。日常に新しいアイテムを迎え入れれば、きっと新しい出会いも呼び込んでくれるかもしれません。

7.思いっきり泣く

“泣く”ことには心をスッキリとさせる力があります。音楽を聞いたり本を読んだりしながら、悲しい気持ちを涙と共に流してしまいましょう。かといって夜な夜な泣き続けていると疲れてしまいますし、よけいに彼を思い出してしまいますから、「この日泣きまくったらあとは泣かない!」などとメリハリをつけておくと良いですよ。

8.思い出の品を整理する

カレとの思い出の写真やアイテムがお部屋のいたるところにあると、気持ちの整理なんてできないですよ。処分ができなくても一つの箱に詰めて見えないところに隠すなどして、お部屋をスッキリさせましょう。

9.失恋のメリットを考える

「相手にいちいちムカつかないで済む!」「デート代がなくなった分、贅沢できる!」など、案外失恋したことで得られるメリットはあるはず。別れという決断に至ったのなら、もともと彼とあなたは相性が合わなかったということ。であれば、失恋したことを良いことと捉えてみるのもひとつの手ですよ。

10.「周囲のせい」だと考える

「私があんなことを言わなければ…」などと失恋をいつまでも自分のせいにしていたら立ち直れるわけありません。考え方を切り替えて、「自分は悪くないし環境が悪かった」と思っておきましょう。

誰でも立ち直りには時間がかかる

素敵な恋愛ほど、別れてから立ち直るのに時間が必要ですね。失恋初期は友人や家族など弱みを見せることができる仲間に話を聞いてもらいましょう!少し光が見えたらひとり会議を開いて気持ちの整理をしましょうね。心が整えば自然と次の恋が見えてくるはずです。(manakko/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事