2016.12.08

円満カップルになるには「ふたりだけのルール」を決めるべし!

幸せな恋愛をしているカップルには、ふたりだけのルールがあるもの。いつもラブラブなカップルは、生まれながらに相性がいいのではありません。他人は自分の思い通りにならなくて当たり前ですから、ずっとふたりでいたいならルールが必要なのです。今回は、ラブラブ円満カップルの約束事を学びましょう。

1.必ず名前で呼び合う

カップルの中には、「おい」「おまえ」「ねぇ」など…名前を呼ばない人たちもいますが、ラブラブカップルは名前で呼び合うことを暗黙のルールとしています。名前を口に出して言うことで、相手に愛着が湧くものですし、言われたほうも「自分のことを丁寧に扱ってくれるなあ」と満足感を得ることができるのです。
名前で呼びかけることはシンプルで意外と忘れがちですが、コミュニケーションの基本であり、とても大切なことですよ。

2.感謝の気持ちを表現する

何よりも大切にしてほしいのが、感謝の気持ちをきちんと相手に伝えること。「ありがとう」「嬉しい」「美味しい」など、長く一緒にいることで「言わなくてもわかるだろう」と面倒くさくなって言う習慣がなくなる言葉もあるでしょう。その甘えにより、なんだかすれ違っているように感じたり、相手に不満がたまっているように見えたりする原因になってしまうのです。お互いに感謝の気持ちを伝えあえば、その心配はいりません。毎日の小さな努力こそ、カップルがラブラブでいることができる秘訣なのです。

3.感情的にならない

ラブラブカップルの約束事の中で、ケンカをしたらその日に解決するというルールを設けているカップルもいるでしょう。しかし、どちらかが納得していないのに無理に解決するというのは、どちらかが「我慢」するということです。それではいつか関係に歪みが生まれてしまうでしょう。
真のラブラブカップルは、冷静に話し合えるような関係性を築いています。感情的にケンカをすると相手のことを思いやる気持ちが薄れ、失言して相手を深く傷つけることもありますからね。たとえば、感情的になったらしばらく離れる、ケンカ中は文章で遣り取りをするなどすると冷静に話を進められますよ。

4.連絡の頻度を決める

大きな約束事も大切ですが、カップルとは普段の生活の中で、絆や仲を深めます。細やかな約束事をしておくと生活がスムーズに進んで、安心感へつながるのです。
特に、連絡の頻度をある程度定めておくことは大切。寝る前には必ず電話する…連絡は最低でも1日以内に返す…など、ふたりの都合に合わせて決めておきましょう。あらかじめ知っておけば、多少連絡が来なかったとしてもイライラせずに済みますし、「この日を過ぎたらもう一回連絡しよう」など目安もつけやすいです。何もガッツリ話し合いをして決めなくてよいですが、付き合い初めのラブラブで楽しい時期に、色々ふたりだけのルールを決めておくとよいですよ。

細かなルールが大きな愛に!

「あのときこうしていれば別れずにすんだのかな…」と後悔しても遅いもの。判断ミスを減らすためにも、事前にルールを決めておくことが長続きの秘訣ですよ。(odango/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事