2016.12.15

会えない時間が愛を育てる!プチ遠距離恋愛が長続きする理由

カレの家まで電車で片道2時間半。なんとか日帰りデートできるプチ遠距離恋愛は、「会いたい」と思ったときにすぐに会えない寂しさが付きものですよね。

でも、プチ遠距離恋愛には意外とメリットが多いのも事実!数年の交際を経て、ゴールインするカップルも多いといいます。

そこで今回は、遠距離恋愛経験のある男性に「プチ遠距離恋愛のよかったところ」を聞いてみました。

1.ドキドキが長続きする

「なかなか会えないから、デートの前は緊張する。気持ちが高まって、出会いがしらに人目を気にせずギュッと抱きしめちゃうこともある」(22歳/学生)

会えない時間がふたりの愛を育てるもの。ふと「会いたい」と思っても、簡単に会えない寂しさや不安が次のデートへの期待を膨らませ、ふたりの時間を盛り上げてくれます。毎日のように会ってベタベタするのもそれはそれで幸せかもしれませんが、男性は近すぎず遠すぎない絶妙な距離の方が“心地よい”と感じるようですね。

2.ケンカが少ない

「適度な距離があるから、相手の悪いところが目につかないのかな。あまりケンカになることがない」(25歳/IT)

ふたりの距離が近すぎると、お互いの短所が目についてイラッとする瞬間が増えるもの。些細なことがきっかけで、大ゲンカに発展してしまうことがありますよね。でも、プチ遠距離は一緒にいる時間が短い分、相手に執着せずに向き合うことができます。ケンカが少なく、安定していて落ち着いた恋愛を楽しみたければ、カレから少し離れたところに身を置いてみるのがコツかもしれませんね。

3.プライベートの時間が充実している

「彼女と過ごす時間も大切だけど、自分の時間も充実させたい。たまには友人と飲みに行ったり、フェスにも行きたいしね」(28歳/メーカー)

男性は恋人ができても、結婚をしても、自分の時間を大切にしたいと思っているもの。プライベートの時間を犠牲にして彼女と一緒にいる時間を増やしすぎてしまうと、ストレスを感じてしまうことがあるんだとか。その点、プチ遠距離は彼女に余計な干渉をされることなく過ごせるので、心に余裕ができて思いやりをもって彼女に接することができるといいます。お互いに夢中になれることを見つけて依存しないようにするのも、カップルが長続きする秘訣かもしれませんね。

4.本気度が高まる

「なかなか会えないから、彼女への想いが募る気がする。身近にいる女性に揺らがないのも、本気で好きだからだろうしね」(26歳/金融)

遠距離恋愛を終えるタイミングで結婚するカップルが多いのは、離れている間にお互いの存在の大切さを実感できるから。カレが身近にいる女性からの甘い誘惑に揺らがないのは、あなたへの本気度が高いサインです。カレからの愛情表現が少なくて不安になったり、しばらくカレと会えていなくて寂しいときは、ふたりで会えたときの喜びを支えに、幸せな将来をそっと思い浮かべましょう。

おわりに

いかがでしたか? “遠距離”と聞くと、どうしてもマイナスイメージを抱きがちですが、“プチ遠距離”ならカップルにとって多くのメリットがあるんです。進学や転勤でカレと離ればなれになってしまうとしても、落ち込む必要はありません。ふたりの想いが通じ合っていれば、きっと幸せな未来が待っているはずですよ。(mook/ライター)

(ハウコレ編集部)
(新部宏美/モデル)
(泉三郎/カメラマン)

関連記事