2017.01.06

これってどっち?言葉や発言から読み取る男性の脈あり・脈なし

人が話すことには、何かしらの意見や意思が含まれるもの。気になる男性の発言をひも解くと、脈があるかないかがわかってしまうかもしれません。脈なしなのにズルズルと思いを募らせてしまうと、落ち込みもひどく傷が癒えるのも時間がかかります。傷つく前に、脈なしか脈ありかを男性の発言から見分けるポイントをお伝えしましょう!

1.予定の内容をはっきり言うかどうか

気になる男性に「空いてる日ある?」と聞いても「その日はちょっと予定が…」などと断られることが続いてしまう場合は、脈なしと思った方がよいでしょう。普通は気のない人に誘われたら、断る言い訳を作るためにどうにかして予定があることにしようと思うもの。直接その気がないことを伝えているわけではないので、気がないから断られている、と確信を持つのは難しいかもしれませんが、立て続けに断られていたり予定の詳細を伝えてくれなかったりするなら脈なしです。でも、傷つけないようにという相手の気遣いが感じられますね。

2.恋バナをしてくるかどうか

平気な顔して恋愛話をしてくるというのは、「気になる人はあなたではない」「あなたに興味はない」と暗に言っている証拠。具体的な恋愛相談なんかをされてしまったのなら、確実に見込みはないと考えた方がよいでしょう。相談相手になっているうちに親しくなって、友達関係からの進展を期待することも可能性はゼロではないですが、それはごくごく稀なケース。諦めて次の恋へスタートさせる方が賢明でしょう。

3.下ネタをふってくるかどうか

下ネタをいってくるということは、「気軽に何でも話せる」という、いわば男友達に似た関係。好きな男性と何でも話せる間柄になったらうれしいことだと思いますが、残念ながら女性としては意識されていないということでしょう。“女性は下ネタが苦手”という印象のある中で、わざわざ好きな相手に嫌われるようなことを言うわけありませんよね。好きな女子の前では男として「よく見られたい」と思う男性がほとんどです。もしかしたら、「下ネタにノリノリになれるくらい軽そう」と思われているかもしれませんよ!

4.メールの文章が丁寧かどうか

メールの返信を「了解」だけで済ませたり、やたら文章が短かかったり、送られてきたものを業務的に返している様子が見られるようなら、脈なしと判断したほうが良いいでしょう。他にも、なかなかやり取りがスムーズに進まなかったり、返信を待つことが多いなら脈がないかも。ただ、男性の中には連絡を頻繁にはとらないのが普通の人もいるので、話の中で、メールが得意かどうかなどの情報を聞き出しておけば、脈ありかなしかの判断がしやすいでしょう。

脈なし発言にアンテナをはろう

恋愛にのめり込む前に、男性から発信されている脈なし発言を聞きもらさないようにしましょう。アンテナをはっておけば、ズルズルと叶わぬ恋をしなくて、次へのステップを踏み出せますよ!(moca/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事