2017.01.11

香りでノックアウト!男性をドキっとさせる「香りのタイミング」・4選

みなさんは、お気に入りの香りはありますか?
香水やシャンプー、アロマなど、好みの香りはあなたの女性としてみ魅力をグンとアップさせてくれます。しかも、嗅覚は人間の五感の中で特に記憶に残りやすい感覚。つまり、香りを利用すれば気になる男性やカレにとって忘れられない女性になれちゃうんです!

そこで今回は、10代から20代の男性を対象に「女性からいい香りがしたらドキッとするタイミング」を聞いてみました。

1.すれ違ったとき

「同じクラスで顔見知り程度だった子と至近距離ですれ違ったとき、すっごくいい香りがしたんだよね。とっさに振り返って誰だったか確認しちゃった」(18歳/高校生)

人とすれ違う時は風が起こるため、お互いの香りを感じやすいもの。そのため、すれ違う時なら匂いに敏感でない人でも香りを感じ取ってもらいやすいんです。

お気に入りの香水をつけた日は積極的にアプローチしたいカレに近づき、すれ違ってみましょう。カレが振り返りたくなるような女性を目指してみてくださいね!

2.振り向いたとき

「講義中にペンを拾ってもらったとき、その子が振り向いた瞬間にめっちゃいい香りがしてドキッとしました。それから振り向いてくれないかと背後から声をかけるようにしてます(笑)」(19歳/大学生)

香りのアプローチでも、ギャップはプラスの効果をもたらします。普段通りにしている時は特別香らないのに、振り返った瞬間に一気にいい香りがすると、そのギャップに男性はドキっとしてしまうよう。

香水を髪の内側につけてみたり、香りが強めなシャンプーを使うと振り返ったときに香りが広がるのでオススメですよ!

3.持ち物から

「香水の香りがプンプンする人って苦手なんですけど、バッグからハンカチを取り出した瞬間にふわっといい香りがした女性がいて釘付けになっちゃいましたね。間接的なのがイイ」(25歳/小売り)

香りを使うとなると、体や髪から香ることをイメージしがち。しかし、香りはコントロールが難しく、体につけると強く香りすぎてしまったり汗などの匂いと混じってしまうこともあります。

体から香らせるのに慣れていない場合、ハンカチなどのちょっとした持ち物に香りを乗せるといいでしょう。香りが長持ちしますし、常に香りにまとわれることもないので、強い匂いが苦手な男性でもウットリしてしまうハズですよ!

4.残り香

「別の部署の女性ですが、会議室や給湯室で入れ違いになるとそこが良い香りなんですよね。しばらくその女性のこと忘れられなくなります」(24歳/IT関連)

香りのもとであるあなたがいなくなっても、香りが残っている間中あなたを意識させることができるなんて使わない手はないですよね。

ただし、香りを残らせるための強い匂いを身につけると周囲から「臭い」と思われてしまいます。密室を利用したり、香りをつけたティッシュをゴミ箱に捨てたりして、体臭がキツくなりすぎないようにしましょうね。

おわりに

自分の好きな香りに包まれていると、幸せな気持ちになってリラックスできますよね。その香りで男性にアプローチができたら一石二鳥!今回ご紹介したタイミングを狙って、恋に香りを有効活用してみてくださいね。(桃花/ライター)

(ハウコレ編集部)
(新部宏美/モデル)
(泉三郎/カメラマン)

関連記事