2017.01.20

自然でバレない!飲み会で女子からムカつかれないアピールテク

合コンなど異性との飲み会で気になる男子がいれば、なんとしてでもこちらを振り向かせたいですよね。でも友達の目もあるし、あからさまなアピールをするのは難しいところ。今回は同性からも反感を買わずにこっそり気になる男子にアピールする飲み会テクニックを紹介します。

◆ 机の下のボディタッチ

「ボディタッチが過剰だと正直『やりすぎ』と思ってしまうけど、ここぞというときに膝とかにそっと手を置かれてるとすごく興奮します」(28歳/広告)

「横に座った女の子がお手洗いに立ったときに、よろめかないように僕の膝に手を置いて立ち上がりました。すごくドキドキしました。これはいい!」(27歳/テレビ)

肩や腕などにベタベタボディタッチするのは、同性からも引かれるどころか、男子からも「ボディタッチ激しいな…」と思われてしまいます。ボディタッチで大切なのは何回もしないことです。話が盛り上がったときなどにさりげなく触る程度で効果は十分。気になる男子の横に座ったら机の下でこっそり太ももに手を置いてみたりすると効果的でしょう。

◆ トイレでアピール

「トイレに行ったとき、あまり話せてなかった女の子に偶然会って『自己紹介で話してた好きな映画、私も大好きなんです!』って言われてそのままふたりで話しました。そこですごく仲良くなって連絡交換までしました」(26歳/メーカー)

彼がトイレに立ったときはチャンス。偶然を装ってトイレ前でふたりきりの会話をしてみましょう。会場から少し離れたスペースでは女子に見られることもすくないですし、トイレ前の限られたスペースでふたりきり、というシチュエーションが彼との距離をぐっと縮めてくれますよ。ただし何回も偶然を装うのは不自然ですし、バレやすくなりますからNGです。

◆ 帰り際にアピール

「解散するときに、女の子に『今日はあんまり話せなかったですね』と残念そうに言われるとやっぱりうれしいです。つい『今度、ふたりで飲みにいく?』とか誘いたくなりますね」(28歳/サービス)

「解散後は、みんなバラバラに歩いて帰ることが多いです。なので気になる男子と自然に一緒になるように帰ってそこで思いきり自分をアピールします」(26歳/出版)

みんながいる前で自分をアピールしたり、気になっているというオーラを彼に出すのはなかなか難しいですよね。ですから、会計や連絡先交換で帰り仕度でみんながざわざわしているときにこっそり彼にアピールしてみましょう。帰り際の印象はそのまま飲み会の印象として彼の記憶に残りやすいものですから、効果も抜群でしょう。

◆ あえて聞き返させる

「耳元でささやくというのは、いいアピールだけど同性からは嫌がられます。だから、私はあえて小声で話したり聞きにくい感じで話して男子に『えっ?』って聞き返させてから耳元で話します」(24歳/サービス)

あからさまに距離を近づけたり、耳元で話すのは同性から白い目で見られるでしょう。そこで、“近くで話さざるを得ないシチュエーションを自ら作る”というのが上級者のテクニック。わざと聞こえない声で話して、彼に聞き返させるように仕向けます。ただし、これも何回もやっていればそのうちわざとらしくなってしまうので注意しましょう。

おわりに

いくら出会いを求める飲み会の場だとしても、同性に嫌われてしまったら大変ですよね。こっそり気になる男子にアピールしてこの冬の恋をますます充実させてくださいね。(夏目英実/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事