2011.11.01

ユニクロ大活躍!山デビューも安心。コストを抑えて登山用具をそろえる方法

数年前からの登山ブームに乗じて山ガールになるのはいいけれど、

登山グッズって高い!って感じている人はたくさんいるかと思います。

そんな人に安く登山グッズをそろえるコツをお勧めしたいと思います。

中でも、一番のお勧めのユニクロを中心に紹介したいと思います。

基本の下着~夏&冬もユニクロできまり!

まずは一番ベースとなる下着です。ユニクロのインナーといえばやはりヒートテックです。

薄着でも温かいをモットーにしたヒートテックですが、この基本の機能を中心にすえつつも年々進化をしているようで、最近ではメンズものには汗のにおいを消す消臭効果や女性では保湿効果などもついているようです。

秋から冬にかけての登山、夏の富士登山にはヒートテックを着ることをおすすめします。

 

また、夏であれば女性ならサラファイン、男性ならシルキードライです。

特に、サラファインにはUVカット機能がついているものがここ最近は出ているので、半そでのTシャツの下に着ることをお勧めします。

 

これで汗をかいてもさらさら、乾きも早く、紫外線対策ができるのです。

似たような商品を買えば全額2000円ほどかかってしまいます。しかしそれがユニクロであれば1000円~1500円でそろいますのでオススメです。

 

さらに用意しておくとgoodな下着とは?

 

さらにヒートテックやサラファイン、シルキーインナーの中に着るものとしてお勧めなのが、ドライメッシュの下着です。

 

特に女性ですが、汗をたくさんかく上に山小屋などで寝泊りをすることを考えると、ワイヤー入りのふつうのブラジャーにショーツというのはつけていて苦しいだけでなく、汗がなかなか乾かなく不快でもあると思います。

 

こでお勧めなのが、ユニクロのメッシュのインナーです。

メッシュ地のショーツは乾きも早く、汗をかいたときの不快感がかなり少ないです。

値段も手ごろで1000円を切るのが嬉しいポイントです。

またブラジャーにかんしては、ワイヤーの入ってないワイヤレスシリーズをお勧めします。


お金がかかるのは防寒着。あったかコーディネイト案内

登山グッズの中でとてもお金がかかるのは防寒着だと思います。

アウトドアブランドの商品だと15000円が安いほうだったりもする世界です。

そこでお勧めの温かいコーディネイトを紹介します。

着る順番は、

ヒートテック(インナー)→フランネルシャツ→フリース→ウルトラライトダウン→防水カッパ

です。

 

フリースは一番外ではなく、中に着ることで、温かい空気をしっかりと溜め込んでくれるためこの着方が一番効果を発揮します。(大体2000円以下)

そして、今CMで話題のウルトラライトダウンは軽くて薄くて温かいためインナーダウンとして切ることができとても重宝します。(5990円~)

また、派手カラーがそろっているので、上にカッパを着ていない状態で遭難してもとても目立ちます。

また、コンパクトにたたんで付属の袋に入るので、着ないときのことを考えるととても便利です。

一番上の防水アウターは?

一番上の防水アウターですが、今シーズンに始まったイノベーションプロジェクトというシリーズのマウンテンパーカーなどをおすすめします。(6990円~)

 

このシリーズの商品は撥水加工がしっかりしているため、軽い雨なら全く浸透しませんし、ゴアテックスのように汗を発散して蒸れない機能も付いています。

何種類かでているのでお好みで選ばれるといいと思います。

最後にこんな方法も

他にも登山靴やリュックなど何かとお金はかかります。

これらのものも、ぜひアウトレットを利用して入手すると出費が安くて済みます。

大きなアウトレットに行くとアウトドアブランドのショップも出ているので大分お得に購入できます。

私自身、アウトレットのABCマートでホーキンスの登山靴を2990円で購入し、今も現役で大活躍しています。

ただ、アウトレット商品はサイズに偏りがあるのでなかなか合うサイズが残っていることはないのが難点です。

他にもネットオークションを利用するのも手だと思います。

そろえなければいけないものが多いからこそ一つ一つを安く、またお金をかけるところはかけるようにメリハリをつけたいですね。


<おすすめ記事>

山ガール予備軍必見!押さえておきたい四種?の神器


移動するだけじゃつまらない!観光しながら「夜行バスの旅」を満喫する方法


登山初心者の方におすすめ!息の上がらない山道の歩き方

関連記事