2010.02.03

自分が見たい番組に合った薄型テレビできれいな映像を楽しもう

いまやテレビは薄型で地デジの時代に。
薄型テレビの種類でよくプラズマとか液晶とか聞くけどその違いと特性は?
あと、倍速表示って?
そんな疑問を解決し、あなたにあったテレビを探しましょう!


プラズマの特徴

色が自己発光で再現されるため、広視野角でサイドから見ても色合いの変化が少ない。
コントラストが効いているため、画像にメリハリがあり、より奥行き感が得られる。
パネル自体が自己発光しているので、より暗い黒の再現が可能。それにより、暗がりのシーンなどでも細かいディティールまで再現可能
動画応答性が高いため、残像が残りにくく、動きの激しいスポーツ動画などの映像も奇麗に再現が可能。
長時間静止画を表示すると、焼付きによる色ムラが発生する可能性がある。

液晶の特徴

白のバックライトの上に色つきセロファンを被せるような形で色を作り出しています。そのため、視野角が狭く、画面を斜めに覗き込むと色合いが変化しやすい。(広視野角に対応した液晶もあります)
画面サイズが豊富にある。
暗い環境では、画面が白く浮いて見えてしまう。
画面の反応速度が遅く、スピード感のある映像では残像感が残る。
バックライト方式の為、焼付きが起きにくい。また、常に明るい映像を楽しめる。
パソコンのディスプレイとしてよく使われている。

二つを比べると?

このように、プラズマと液晶では画面に映す映像の作り方から根本的に違います。
プラズマディスプレイは35インチ以下がほぼ無いため、このサイズ以下の場合は液晶しかないのですが、大きいサイズであれば液晶もプラズマもあります。

倍速表示って?

毎秒60フレームの映像の各フレーム間に、前後のフレームの画像から中間となる画像を新たに作り、これを挿入します。そうすると、毎秒60フレームの映像が120フレームとなり、より滑らかな動きで明るくクッキリと表示させる技術です。
この倍速表示対応テレビは非対応テレビに比べ、より動きに強いテレビです。

こんな人は液晶がお勧め

パソコン画面を映し出す機会が多い。
パソコン用モニタとして。
小さめのサイズが欲しい。

こんな人はプラズマがお勧め

スポーツ中継やアクション映画などを良く見る。
大きめのサイズが欲しい。

関連記事