2011.10.26

シゴトが大事!恋愛欲求が低い男を手に入れる方法

「今は仕事を頑張りたいから、彼女はいらないやぁ。」「男友達といるほうが楽だし、彼女がいるとお金もかかっていろいろと面倒。」

 

見た目も、性格も、社会的地位も問題はないのに、恋愛をしない男子が増えています。そんな人に恋をしてしまった時の「好きにさせるためのテクニック」をお教えします。

「長期戦」を覚悟する

彼らは「私を恋愛対象としてみて」という女を敬遠する傾向にあります。

 

あなたが彼を「彼氏候補」としてみていることはわかりますが、男女二人が結ばれるためにはお互いの「温度差」を意識することが大切です。

 

少しずつ近づいていけるように、まずは友達として相手のことをゆっくり知っていきましょう。

彼の没頭していることに興味を持つ

仕事が大好きな彼なら、興味を持って仕事の話を聞く。スポーツが大好きな彼なら、試合に応援に行く。

 

誰でも自分が頑張っていることや好きなことに興味を持って話を聞いてもらえたらうれしいものです。笑顔を絶やさずに、楽しそうに相槌をうちましょう。


 相手が誇らしげに自分の実績や経験を話し始めたら、素直にほめてあげましょう。

彼が最優先しているものを邪魔しない

仕事や趣味に没頭しているから、恋愛に意識が向かないのが特徴。「会いたくてたまらない・・」そう思っても、少し気持ちを押さえて相手の立場になって振る舞いましょう。


一方的に自分の気持ちをぶつけずに、このように彼の気持ちを悟ってあげられたらポイントUPにつながります。「恋愛=自分が減る」と思わせないための気遣いが必要です。

 

見返りを期待しない

押しつけがましくない「気遣い」は、どんな男性でも弱いものです。張り切りすぎずに自然にすることを意識しましょう。


自分の株をあげるため、ではなく、相手に快適に過ごしてもらうため、よろこんでもらうための気遣いを心がけて。

早い段階で恋愛感情を悟られないようにする

恋愛をしたがらない男は、「恋愛=めんどくさい」というイメージをもっています。


そのため、あなたが彼に対して友達以上の感情を持っていることを早いタイミングで悟られてしまうと、距離を置かれてしまうかもしれません。


好きなタイプを聞いたり、彼女の有無を確認したり、相手に好意を伝えるワードを使用するのもお勧めしません。

さいごに

この類の男性を落とすために大切なポイントは、「彼らが恋愛に対して描いているイメージをあなたが書き換えてあげること」といえるでしょう。

 

「恋愛は、自分の時間がなくなる」

「恋愛は、お金がかかる」

「恋愛は、疲れる」


これらのマイナスイメージを 

「恋愛は、楽しい」

「恋愛は、日常のストレスから解放され、癒しを提供してくれる」

「恋愛は、自分を前向きにしてくれる」など、あなたの笑顔と女性らしい気遣いをフル活用して、プラスイメージへと変えていきましょう!これで意中の彼もあなたに虜になるはずです。

関連記事