2010.02.08

ちょっとした工夫で地球もよろこぶ♪ 冷暖房費を節約する方法

冷暖房を使ってドライヤーを使えばたちまち家のブレーカーが落ちた…なんて経験はありませんか?私はあります。だから、エアコンは大量に電気を使っている=電気代がかかっているということです。どうすれば節約できるでしょうか。

長期間使用しないときはコンセントを抜いてみる

春、秋の時期にエアコンは、使わないはずですよね。ぜひこの時期だけでもプラグをぬくようにしましょう。基本的には、いつでも使わない時は切るのが良いけれどエアコンなどのコンセントは上の方にあり、抜きにくいですよね。だから長期に使用しない時期だけでも実行してみましょう。

1時間だけでも使用時間を短縮してみる

冷房・暖房とも、エアコン2.2kW 1日8時間使用した場合で考えてみましょう。
暖房は、冷房に比べるとエネルギーを消費するんです。暖房を一日つけっぱなしで、寝るギリギリまでつけてませんか? もしこれを1日1時間短縮するようにするだけで、年間約1170円節約できます!
冷房も、1日1時間短縮するだけで年間約640円節約できます。

空気の流れを考える

お風呂を沸かしたときに表面は熱いけど、下のほうは冷たいということがあります。空気もこれと同じで暖かい空気は上昇し、冷たい空気は下降してきます。これをふまえてエアコンの風向きを変えてみると、部屋を効率よく暖めたり、涼しくしたりすることが出来るので節約になります。
上下風向は、冷房は上向き(水平でもよい)に、暖房は下向きに調整しましょう。エアコンの設置位置に合わせ、左右風向ルーバーの調整も忘れずに。

節約グッツを利用する

一番節約になるのはエアコンを使わないことですね。

・湯たんぽ
 最近また人気が復活してますよね。暖房費用を節約するだけでなく、電気毛布等より健康に良く、冷え性にも効果があるみたい。
・結露防止シート
 冷暖房を使うときに外気との差で生じる、窓の結露を防ぎます。冷暖房効率がよくなり、エアコンやヒーターの燃料費を節約することが出来ます。
・すだれ
 強い日差しをカットして、涼しい風だけを通します。吊り下げタイプの「天津すだれ」と立てかけて使う「よしずすだれ」があります
・カーテン
 これからの暖房の季節は、厚手のカーテンを窓に下げるだけで冷気を外からくるのを防いでくれます。冷房はレースのカーテンで陽をカットしてくれるので、涼しくなります。
・アイス枕、アイスノン
熱があるときに使うようなアイス枕で首もとを冷やしたり、アイスノンを脇に挟んで寝たりすれば、体の体温が下がって涼しくなります。

関連記事