2017.02.19

恋愛対象外!?「女性との会話でどうしても気になってしまうところ」

何気ない会話中も、案外男性には「気になる」ポイントがあるよう。
好印象を残せることもあれば、
気になる彼とせっかく話すことができたのに、心の中でドン引きされていた…なんてこともあるかもしれません
そこで今回は「女性と話しているときについつい気になってしてしまうところ」について、20代男性にリサーチしてみました。

1.声の大きさ

「近くにいるのに大きい声で喋られると、一緒にいて恥ずかしいなって思っちゃう」(21歳/大学生)

まず気になるのが声の大きさ。やけに大声で話されてしまうと、単にうるさいと感じるだけでなく、「周りのことを気遣えないタイプなのかな」と男性も引いてしまうみたい。日ごろから落ち着いた声の大きさを目指すようにしましょう。

2.喋りかた

「喋りかたからその人の性格を判断しちゃうことはある。『この子ってちょっとぶりっ子なのかな?』とか『実はオタク系なのかな…』とか…。」(25歳/営業)

こちらも男性陣が無意識に気になってしまうポイントのよう。たしかに語尾を伸ばすだけでぶりっ子っぽくなってしまいますし、逆におどおどしていると自信なさげに見られてしまいますよね。もちろん彼との会話は面接ではないのですから、無理にしゃべり方を変える必要はありません。でも、好印象を残したい!と思うのであれば、明るくほがらかな雰囲気を少し意識してみたほうがいいかもしれません。

3.言葉遣い

「言葉遣いは気になっちゃうよね。初対面の子に『ヤバーい』『ウケる~!』とか言われたら、正直引いちゃう。育ちが悪そうだなって思っちゃいます。」(27歳/広告)

「『おいしい』を『うまい』って言うだけで何かイヤだ…」という男性も意外と多いもの。女性にはきれいな言葉遣いをしてほしいというのが本音のようです。特に初対面の会話中に悪い印象を与えてしまうと、それだけで恋愛対象から除外されてしまう恐れが…。テンションが上がったからと言って、汚い言葉遣いをするのはNGですよ!

4.話のネタのチョイス

「女性がどんな話のチョイスをしてくるのかは気になりますね。いきなり会社のグチとか女友達の悪口を言ってくる子っていますもん。」(24歳/製造)

「合コンでいきなり『年収いくらなんですかぁ~?』とか聞いてくる子はあり得ない!」(27歳/商社)

話が合うかどうかというのも、相手を見極めるうえで重要なポイント。それなのに答えづらい失礼な質問ばかりされては男性も「この子苦手かも…」と引いてしまいます。相手が不快になるような話は極力避けるようにしましょう!また、答えづらい質問をしてしまうのも、「デリカシーのないオンナ」という最悪な印象に繋がります。相手のことを知りたい気持ちもわかりますが、あまりなんでもズケズケと聞くのはNGです。

5.身ぶり手ぶり

「何でもジェスチャーで話を進めようとしてくる子がいた。『こーんなにすごくて~』とか手で表現されても、正直伝わってこない…。」(25歳/IT)

話をしている最中に、ジェスチャーで物事を表現することもあるでしょう。でもあまりにも身ぶり手ぶりが大きすぎると、男性から「この子なんか落ち着きがないな…」「バカっぽいな…」と思われてしまうかも。また笑うときに手を叩く女子は少なくないですが、人によってはなんとなくガサツな印象を持ってしまうこともあるようです。相手が気にならない程度の手の動きを目指しましょうね。

おわりに

会話というのは、その内容だけでなく話し方からもその人の性格をイメージ付けてしまうものです。。相手に悪印象を与えていないか、いま一度自分の話しかたを確かめてみましょう。(和/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事