2017.02.23

もうじれったい!「草食系男子」との恋を発展させる方法


草食系男子は、肉食系男子に比べて浮気の心配も少なく誠実な人が多い印象ですよね。しかし、、デートを重ねてもなかなか恋愛関係に発展せずに、時間が過ぎていくばかり…。「いったい、いつになったら付き合うの!?」なんてヤキモキしている女性もいるでしょう。ここでは、草食系男子たちの恋愛事情から、恋愛に発展させるコツをご紹介します。

■まずは心の距離を縮めて!

「人見知りなので、好きな子の前だと緊張してあまり話せず…。今の彼女は、LINEや手紙で積極的に距離を詰めてくれました。慣れないうちは会って話すのは得意じゃなかったから、そうやって距離を縮めてくれるのが嬉しかった」(20代/学生)

恋愛に消極的な草食系男子たちとは、オンナをアピールしたり恋愛の雰囲気をはやくに出し始めるより、まずは心の距離を縮めるのが先決です。こまめにLINEを送ったり、手紙を送ったりして自分の気持ちを伝え、彼の情報も引き出していきましょう。本音をさらけ出すと彼らは安心して心を開いてくれます。

■モテテクよりもトークテーマを

「女の子と2人になると何を話せばいいのか迷ってしまう。彼女とは趣味が同じだとわかって意気投合。趣味の情報を逐一共有し合うようになって、気づいたら付き合っていた感じです。(笑)」(20代/SE)

草食系男子を落とすには、話題になるテーマをいくつかもっておくのがオススメです。共通の友人の話や、趣味の話、好きな食べ物やよく行く場所など、何かしら共通点を見つけて共有していきましょう。共通点を伝えることで、恋愛への心の壁が一気に崩れるはずです。

■「俺のこと好き?」と思わせる言葉を伝える

「食事をしても、決定打がないと自分から告白する勇気がなく…。彼女は積極的にアプローチしてくれたので、イケるなと思って告白しました。草食系男子には“俺のこと好き?”って思わせたほうがいいですよ!」(20代/学生)

「イケそう」などではなく、「イケる!」という確信がもてるまで、なかなか自分から告白できない草食系男子。むしろ、彼女から告白するのを待っている節さえあります。そのため、遠回りに好きな気持ちをアピールしても「弄ばれているだけかも」「みんなに言っているのかも」と勘違いされがち。ストレートめのアプローチが効果的です。

■引きのバランスが重要

「毎日積極的に連絡をくれていた子が、1日だけ連絡とれない日があった。そのときに寂しいなって思ってる自分に気づいて、“ああ、好きなんだ”と実感。彼女に告白したら遅いよって怒られました。(笑)」(20代/デザイナー)

いくら草食系男子だからといって、毎日ずーっと連絡をとるのはNG。彼らにとってあなたがどういう存在かを考える暇もなくアピールしていては、恋愛は進展しません。5回押したら1回は引くというペースで適度に連絡を抑えるといいでしょう。

おわりに

恋愛をするのにブレーキがかかり、なかなか勇気が持てずに告白にまで辿りつかない草食系男子。奥手な彼らをリードするためにも、彼らの心の鍵をゆっくりとあけていきましょう。(小林リズム/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事