輪郭違えばメイク法も違う!顔型別チークの入れ方



顔の形によって似合うチークの入れ方は違います。
自分の顔の形にぴったりの入れ方を知って、今まで以上に可愛くなっちゃいましょう!

1.丸顔さんは細長チーク

丸顔のあなたは頬の中央からこめかみに向けて斜めにチークを入れてみましょう。
童顔でぽっちゃりと見えがちな丸顔。しかし、チークの幅を狭く入れることでシャープで大人っぽい印象を与えることができるんです!



チークを丸く入れてしまうと、より丸々見えてしまうので注意!

2.エラ張りさんは頬骨にイン

エラが張っていると男性的で強そうな印象を与えてしまいます。チークで女性らしい印象をプラスしましょう!
頬の中央からやや斜め上に向かって楕円形にチークをイン。そのままブラシをエラまで滑らせてみてください。



こめかみとエラの部分に、肌よりも暗い色のフェイスパウダーで影を入れると小顔度がさらにUPします!

3.面長さんは内側に

面長さんはなるべく顔の長さをカバーしたいところです。
チークを外側寄りにいれてしまうと、顔の長さが一層際立ってしまいます!
頬の内側から楕円を描くように横長に入れましょう。



4.逆三角さんはふんわり丸く

きつくてクールな印象を持たれがちな逆三角さん。
チークで頬をふっくら見せて、可愛らしさをプラスしましょう!
頬の内側からふんわりと広範囲にチークをINして。やわらかさを意識して円を描くように入れていきましょう!



5.たまごさんは笑ってイン

これといって悩みがないのがたまご形フェイス。
あなたは今まで通り、にこっと笑って!一番高い位置からこめかみに向かって斜めに丸く入れましょう。チークがあなたの魅力をさらに引き出してくれるはずです。