2017.03.21

すぐに既読つけちゃった…!そんなときの応急処置方法

ちょうどLINEが来たときに、相手とのトーク画面開いちゃってた…こんな経験がある女子も少なくないはず。送った瞬間に既読がつくと誰だってびっくりしてしまうものです。気になる彼から「え、もしかしてずっと俺のLINE待ってたの…?」なんて思われたら、絶対にイヤですよね。そこで今回は彼に不審に思われずに済む上手な対応を4つ紹介します。

1.ちょうどLINE開いたとこだった!とごまかす

スマホを片手に電車にのっていて、ちょうど暇つぶしにLINE開いてた!など、とにかく偶然を装ってみましょう。自分も驚いているんだよ、と伝えることで運命的なタイミングだったという演出までできるかもしれません。たまたまLINEが来た時に開いていただけとわかって彼も気軽にLINEが続けられるはず。少なくとも、「ずっと待たれていたのかな?」という彼の疑問は解消することができそうです。

2.しばらく既読無視で放置した後返信する

すぐに既読がついてすぐに返信がる…連絡のスパンがそんなに短いと、「こちらもすぐに返さなきゃいけないのかな…」なんて気分になりますよね。既読をつけてしまったことに焦ってすぐ返信してしまうと、返信を催促されているようで彼に思いがけずプレッシャーを与えてしまうかもしれません。そういう時は一旦心を落ち着けて彼とのトーク画面を閉じましょう。一時間くらい経った後などに改めて返信することで、彼も変な圧力にげんなりすることがないはずです。

3.女友達とのLINEと間違えたふりをして関係のないことを返信する

彼としていたLINEの話題とは全く違う返信を送ってみましょう。急に「三時ね!了解!」や「そっか、忘れてた~」と返信が来たら、彼は誰かと間違えられているんだなと思います。そうすることで、既読がすぐについたのは待っていたからではなくてタイムリーに会話をしているほかの誰かがいたからだ、と彼に思わせることができます。ただし、間違えられるということはあまり心地よいものではないので後できちんと謝ることを忘れずに。彼氏がいると勘違いされないためにも、間違えた相手が女友達と伝えるのも重要です!

4.すぐにそっけなく返信した後、しばらく放置して丁寧に返信する

3と似ていますが、これもほかの人と間違えたんだろうと相手に思わせられるテクニックです。今までのLINEから想像もできないくらいそっけなく返信して、後から「間違えてた!ゴメン!」とフォローをいれつつ、忙しくて丁寧に返信できなかった風を装いましょう。ただこの場合、自分の優先順位が低いのかと男性をがっかりさせてしまう可能性も。それを避けるためにも、仕事などやむを得ない用事で忙しくしていたことをそれとなく伝えましょう。

おわりに

恋のスタートダッシュをきるには、LINEがとても大切です。返信や既読のタイミングがその人の恋愛を大きく左右してしまうなんてことも。失敗してしまっても、焦らず上手にフォローすることで彼との距離を縮めましょう!(ちーぬ/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事