2017.03.24

男性がテンションガタ落ちになる「デートの待ち合わせ」とは?

デートってはじめが大切です。待ち合わせがうまくいけば、デートもきっとうまくいくでしょうし、待ち合わせの段階でこけたら、少なくともそこからしばらくは、男子のテンションは下がり気味でしょう。せっかくのデートなんだから、男子には最初からフルテンションで楽しんでほしいですよね。
そこで今回は、20代男子30人に「デートのしょっぱなでされたら、かなりやる気なくす言動」について聞いてみましたよ。
意外についついやりがちなことが多いので、要チェックですよ!

1.スマホを見ながら移動開始

「会った瞬間にスマホに夢中になってて、そのまま俺と待ち合わせしても、スマホを見ながら歩きだす人、ちょっとないよね。俺の方を見ろよ!って思ってしまう」(出版/26歳)

「会えてうれしい」って感じがちっとも感じられませんね、たしかにこの待ち合わせのしかただと。やっぱり当たり前だけど、会った瞬間は、笑顔で「おはよー」とか言うのが鉄則です。手とかも振ってあげたりしてね。

2.「今日何時までね」

「いきなり、『今日10時に帰るね』とか宣言されると、凹む。そんなに俺がお持ち帰り目的なのを警戒してるのかよって思うし、楽しかったら、帰る時間とか気にせず一緒にいたい、みたいなことにならないのがデートの最初から確定してるのかと思うと、やる気もなくす」(大学生/22歳)

「今日は早めに帰ろう」って決めてること自体は全然問題ないと思うんだけど、あえて最初に言っちゃうのがよくないですね。もちろん、「最初に言っておかないと、なんか急に帰るのもまずいし」みたいな配慮があるのかもしれませんけど、やっぱり言わない方が無難じゃないかな。

3.人と会ってて遅刻

「遅刻自体はしょうがないと思うんだけど、それが、僕以外の人と会ってたせいで遅刻とかされちゃうと、ショックかな。必然的に、俺はその人よりも優先度低いのかな、本当は、俺と会うよりもその人ともっと一緒にいたかったのかな、とか思ってしまうので」(公務員/25歳)

たしかに、こういう遅刻って相手にとっての自分のポジションがリアルに伝わっちゃいますよね。こういう理由でどうしても遅刻しちゃうとしても、「宅配便待ってたら遅れちゃって……」とか上手な言い訳をしてあげましょう。

4.「ご飯食べちゃった」

「明らかに、集合してからご飯一緒に食べるみたいな時間に待ち合わせしてるのに、『食べちゃった……』とかはイラッとくる。『ちゃった』じゃねえよ! まあ、俺もちゃんと『食べないで来てね』って言わなかったのが悪いのかもしれないけど」(ウェブ系/25歳)

「ご飯どうしよっかなー」みたいに迷っちゃう集合時間のときって、本当に困りますよね。でも、デートって基本ご飯一緒に食べることが多いわけなんで、食べないで間違いってことはないんじゃないでしょうか。デートを重ねると、いちいちこういう確認しなくなることもあったりするし、難しいですけどね。

おわりに

どうでしたか?待ち合わせは、上にも書いたように、笑顔でうれしそうに、が絶対的な正解です。待ち合わせで男子のテンションを高めてあげることで、結局自分のメリットにもなりますからね。テンションが高いぶん、あなたにもたくさん楽しい話とかもしてくれますから。デートが良いものになるか否かは、待ち合わせの時点ですでに9割決まってますよ!(遣水あかり/ライター)

(ハウコレ編集部)
(古泉千里/モデル)
(柳内良仁/カメラマン)

関連記事