2017.03.24

思い込み損・・・!女性がよく勘違いする男性の思わせぶり言動

こんにちは、恋愛カウンセラーの木田真也です。

男性の言動から「もしかしたら、私のこと好き?」そんなふうに期待をしたけども、実際は全然違っていた……。

そんな経験、あなたも一度くらいはないでしょうか?

男性と女性では脳の構造が違うので、好意を持っている相手に対する態度が若干異なってきます。そのため、すれ違いが起こるのです。

「私も好きな相手にはこういう態度をとるから、きっと彼も好意があるに違いない」

そんな勘違いして後でがっかりしないためにも、今回は男性がよくやってしまう思わせぶり男の言動について4つお伝えします。

1.ちょくちょく褒めてくる

「カワイイ」とか「オシャレ」など、会うたびに褒めてきてくれるとまるで彼からの好意があるように思うかもしれません。

ですが、カワイイというのは、妹的、小動物的だという意味合いの場合もありますし、オシャレは必ずしも恋愛のうえで女性に求める部分ではないので、特に好意的なニュアンスではないこともあります。

また、男性が褒め慣れていて、あいさつ代わりに誰でも褒めているような場合もあります。

自分ひとりに対する言動だけでなく他の女性に対する態度も見つつ、彼の褒め言葉にどんな意味があるのか検討しましょう。

2.酔って電話をしてくる

彼が酔って電話をしてくると、好意があるかもしれないと思うかもしれません。

ですが、実は単に気を使わなくてもいい相手だと思っている可能性もあります。
また、一緒に話していて楽しいからという理由だけで電話してきてくれているだけも……。

ただし、実は好意があって普段は緊張していて話せない場合。
この際勢いで電話してきているというポジティブなケースもありますからね。

この行動だけで判断せずに、普段の彼とのかかわりを含めて判断する方が良いでしょう。

3.癒される、落ち着くと言われる

男は本命に癒しを求めると言われているので、「癒される」、「落ち着く」とか言われると、あたかも好意があるように受け取るかもしれません。

ですが、それは男性からすると「女性として意識しないので、緊張しない」という意味でもあります。

本当に男性が一緒にいて良い意味で癒されると感じるのは、付き合ってからがほとんどです。

付き合ってもいないのに癒されると言われるときは、あまり脈がないということなのかもしれませんね。

4.やたらと目が合う

大勢といる時に、やたらと彼と目が合う。「もしかして、私に好意があるの?」と思ってしまうかもしれません。

確かに、好意を寄せてくれている相手とは目が合うといった傾向はあります。

ですが、単に目が合っただけ、彼がキョロキョロしているから目が合う確率が高いだけ、ということもあります。

ひとつの行動だけで決めつけてしまうと、実は違ってガッカリということもあるかもしれませんよ。

おわりに

大事なのは、一つのことで判断しないことです。

他の女性に対する態度、普段との自分との関わり、彼の立場を考えた上で、総合的に判断した方が良さそうです。

あなたの今後の参考になさってくださいね。(木田真也/ライター)

(ハウコレ編集部)

関連記事