2017.03.25

本当に幸せになれるの?略奪愛をした女性のその後…

彼女持ちの人を好きになってしまうことも時にはあるでしょう。でも、なんとかして彼を振り向かせて奪略したとして、そのあと幸せになれるものなのでしょうか。今回は、そんな奪略愛をした人のその後について見ていきたいと思います。

◆ かなり盛り上がる

「今まで会えなかったり障害がありましたが、それらがなくなったことで自由になんでもできます。彼と思いっきり恋人気分に浸れて幸せです」(23歳/学生)

「今まではクリスマスとか誕生日とかのイベントも彼とは過ごせませんでしたが、今では思いきり楽しんでいます」(26歳/制作)

「なんとかして彼女から奪い取れたので、やはり満足度は高いです」(27歳/不動産)

「言い方は悪いですが『ようやく私のところに来てくれた!』というのが、難しいゲームを攻略したみたいで盛り上がってしまいます。なので彼ともラブラブな期間を過ごせます」(25歳/メーカー)

高いハードルを乗り越えて振り向かせたという経緯があるからこそ満足できる、という声が多数聞こえてきました。カップルのイベントなど、今までは彼を思いながらひとりで寂しく過ごしていたものもこれからは思いきり楽しめるので、モチベーションも高く保てるようですね。

◆ 会えなくなった人が増える

「彼の元カノはもちろん、元カノの友達とは会いにくくなりました。『略奪した女』というレッテルを貼られているので、みんないい風には思っていないと思います。元カノに関しては完全に恨まれていると思います」(21歳/学生)

「彼の友達には会いにくいです。元カノが彼の友達に『浮気をしている』と相談していたみたいなのでみんな私を浮気相手だと思っている」(24歳/研究)

彼女から無理やり奪い取るわけですから、周囲の人にもちろんいいイメージはありません。元カノはもちろん、その友人や周囲の人たちと会いにくくなってしまうでしょう。身近な環境で略奪する場合は相当の覚悟とリスクが必要でしょう。

◆ 彼を疑ってしまう

「彼女がいるなかで他の女性と付き合った彼なので、『また同じことをするんじゃないか』とどうしても疑ってしまいます」(27歳/通信)

「友達に『やられたことはやり返されるよ』と言われたことがあります。その言葉がずっと頭から離れなくて、彼のことをどうしても疑ってしまう自分がいます」(26歳/サービス)

自分が彼を奪ったという後ろめたさも加わり、彼はまた同じことを繰り返すんじゃないかという不安がある程度つきまとってしまうかもしれません。一度あることは二度あるという思いで彼の行動をいちいち観察して疑ってしまうようです。当然のことですが、略奪愛には良いところばかりではありませんね。

◆ 恋愛相談できない

「私の友達も、私が元カノから奪い取ったと知っているので今さら彼との相談をできません。『奪い取ったんだからそれくらい我慢しなよ~』と言われたこともあります」(25歳/看護)

「略奪した彼が浮気をしました。でも自分もしたことなので、誰にも相談できません」(24歳/学生)


元カノを傷つけてしまって成就させた恋なので、少しぐらいの不平・不満も誰かに言いづらい雰囲気が出てきてしまうよう。また、略奪した彼が浮気をしても「ほらね」とか「やっぱり」と言われるのが怖くて誰にも相談できなくなる…といった怖さもあります。

おわりに

結婚をしていない彼であれば、略奪をするのもある程度は自由かもしれません。でも傷つけてしまう誰かがいる以上、その関係にリスクがつきまとうことは忘れないほうがいいかもしれませんね。(夏目英実/ライター)

(ハウコレ編集部)
関連キーワード

関連記事