2017.03.27

もしかして浮気しているかも?彼氏のあやしすぎる「LINEの使い方」

浮気をしていたり、何かやましいことがあるときは、男性の行動にもおかしな点が出てくるもの。

特に、「LINE」の使い方には、不自然に見えるような部分が表れやすいでしょう。

そこで今回は、彼氏のあやしすぎる「LINEの使い方」を紹介します。

1.着信音を「消している」

「LINEの着信音を消しているのは、どう考えてもあやしいですよね。隠れて他の女と頻繁に連絡を取り合っている可能性が高いと思って間違いないですよ」(26歳/女性/アパレル)

LINEの着信音を消しているのは、浮気相手からメッセージが来たことが彼女にバレるのが怖いからかもしれません。
今までは着信音を出していたのに、急に音を消すようになったらかなり要注意。
マナーモードでもなくサイレントにしている場合は、男性がかなり警戒している証拠でもあるので、浮気の疑いも色濃くなるでしょう。

2.メッセージを「非表示」にしている

「LINEのメッセージが画面に直接出てしまわないように非表示設定にしてあると、めちゃくちゃあやしいですよね。ふとしたときに見られちゃうと困るようなLINEをしているのでしょう」(27歳/女性/WEBデザイナー)

LINEはメッセージが届くと、その文章も画面に出てしまいますよね。
そうなると、メッセージが届いた瞬間に、彼女に読まれてしまう危険性があります。
それを避けるために、メッセージが画面に出ないように「非表示設定」にしたいと、やましいことがある男性なら考えるはず。
読まれたら困るようなメッセージのやり取りをしている相手がいるということなのでしょうね。

3.すぐにその場で「読まない」

「明らかにLINEが来ているのに、かたくなにスマホを見ようとしないと、私の前では見にくいんだろうなって感じます。明らかにおかしすぎる行動ですけどね…」(25歳/女性/エステティシャン)

普通はLINEが届いたら、すぐにその場で読むものです。
それなのに、いつまで経っても読もうとしなかったり、あえてスマホに触ろうとすらしない場合は、もしかしたらちょっとあやしいかも。
彼女がいる前では、さすがに浮気相手からのLINEは開けませんもんね。
その場では読まずに、あとで彼女がいない場所で読もうと考えているのかもしれません。

4.「画面」を隠すように見ている

「私に見えないように必死に画面を隠すようにしてLINEをしているのを見ると、バレバレすぎて嫌になりますね。せめてもう少し上手にやってほしいですね」(30歳/女性/保育士)

やましいLINEをしているときは、必然的に彼女に見えないように画面を隠そうとしてしまうもの。
画面側を絶対に見せないようにしているときは、あやしさ満点でしょう。
LINEが届いた瞬間に画面を隠したり、そもそもスマホを裏返しで置いていることが多い場合も、ちょっと注意した方がいいですね。
彼氏がスマホを触っているときにふと近づいてみて、隠すような行動が見られたらかなりアウトに近いかも。

おわりに

浮気をしているときは、LINEの使い方が一番あやしくなってくるものです。コソコソ隠しているようなおかしな行動が見られたときは、注意して彼氏の行動をチェックしておいた方がいいかもしれませんね。 (山田周平/ライター)

(ハウコレ編集部)
関連キーワード

関連記事